松岡昌宏が超高速でゴミ拾い!? 『家政夫のミタゾノ』第4シリーズクランクイン

松岡昌宏が超高速でゴミ拾い!? 『家政夫のミタゾノ』第4シリーズクランクイン

  4月24日よりテレビ朝日系にて放送がスタートする、松岡昌宏主演ドラマ『家政夫のミタゾノ』第4シリーズがクランクインを迎えた。

 本作は、女装した大柄な家政夫・三田園薫(通称:ミタゾノさん)が、派遣された家庭・家族の内情を覗き見し、そこに巣食う“根深い汚れ”までもスッキリと落としていく痛快“覗き見”ヒューマンドラマシリーズ。2016年10月クールにスタートし、1年半後の2018年4月クールに第2シリーズ、そして翌2019年4月には第3シリーズが放送された。

 家事のスキルは完璧、でも無表情で何を考えているのかわからない上、なぜか女装しているという謎に満ちた“最強の家政夫”が、松岡演じるミタゾノ。依頼人の家庭の内情を覗き見しては、その秘密をネタにその家を崩壊させるのが趣味という、なんともハタ迷惑な家政夫だ。そして第4シリーズも、ミタゾノとともに行動する若き家政夫・村田光役でHey! Say! JUMPの伊野尾慧が引き続き出演。第3シリーズのラストで「アイドルを目指す」と宣言した光は、休日にダンスレッスンにいそしむ傍ら、ちょっぴり腰掛け気味に家政夫業も続けている。

 そして本作から、飯豊まりえが新しく“むすび家政婦紹介所”の家政婦として加入する。飯豊が演じるのは、人間観察が趣味で、覗かずして依頼人の人間性を見抜いてしまう新人家政婦・霧島舞。忖度と嘘が苦手で、笑顔のまま歯に衣着せぬ物言いをし、思いもよらぬトラブルを巻き起こしてしまうことも。これまでに出会ったことのないタイプのミタゾノに興味を示し、その禁断の秘密に迫ろうと試みる。

 春の足音もすぐそこまで聞こえてきた某日、おなじみの白ブラウスに黒スカートという出で立ちでミタゾノは現れた。右手にはゴミ袋とトングを握りしめ、道端に落ちたゴミというゴミを拾い集めながら疾走していく。驚くほどの超高速でゴミを拾うミタゾノ。実はミタゾノが行っているのは“プロギング”という競技。ジョギングをしながら落ちているゴミを拾うというこの競技に、なぜミタゾノが参加しているのか。その答えは4月24日放送の『家政夫のミタゾノ』第1話で明かされる。

■放送情報
『家政夫のミタゾノ』
テレビ朝日系にて、4月24日(金)スタート 毎週金曜23:15〜0:15放送
出演:松岡昌宏、伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)、飯豊まりえ、しゅはまはるみ、平田敦子、余貴美子
脚本:小峯裕之ほか
演出:片山修、小松隆志ほか
音楽:ワンミュージック
エグゼクティブプロデューサー:内山聖子(テレビ朝日)
プロデューサー:秋山貴人(テレビ朝日)、木曽貴美子(MMJ)、椋尾由希子(MMJ)
制作:テレビ朝日、MMJ
(c)テレビ朝日

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる