堤真一が広瀬すずに全力ジェスチャー 『一度死んでみた』本編映像公開

堤真一が広瀬すずに全力ジェスチャー 『一度死んでみた』本編映像公開

 3月20日に公開される『一度死んでみた』より、本編映像が公開された。

 本作は、ソフトバンク「白戸家」シリーズなど数多くの国民的CMを世に送り出してきたCMプランナー/クリエイティブ・ディレクターの澤本嘉光が脚本を手がけ、au「三太郎」シリーズなど人気CMを手がけるCMディレクターの浜崎慎治が映画初監督を務めたオリジナルコメディ。

 広瀬すずが初のコメディに挑戦した本作は、いまだ反抗期継続中のこじらせ女子大生・七瀬(広瀬すず)が、「2日間だけ死んじゃう薬」を飲んで仮死状態になってしまった大嫌いな父親・計(堤真一)を、生き返る前に火葬されるピンチから救うべく奔走するハートフルコメディ。七瀬に協力する計の秘書・松岡役に吉沢亮、幽霊になった計に付き添う天国への案内人・火野役にリリー・フランキー、ほかにも小澤征悦、嶋田久作、木村多江、松田翔太など豪華俳優陣が集結した。

映画『一度死んでみた』本編映像(計のジェスチャーシーン)

 公開されたのは、「2日間だけ死んじゃう薬」を飲んで幽霊になってしまった計が、七瀬に2日間経つ前に強制的に生き返る方法を伝えようとする重要なシーン。計は自身が経営する野畑製薬に潜入したライバル会社のスパイをあぶりだすべく自ら仮死状態となったが、動けないのをいいことにライバル会社のワトソン製薬に本当に火葬されそうになってしまう。この危機を脱するべく、言葉は聞こえないが計の幽霊の姿だけは見えている七瀬に、生き返らせる手がかりをジェスチャーで伝えることを思いつく。文字通りの全身全霊で思いを伝える計だが、絶賛反抗期を続けている七瀬との日頃のコミュニケーション不足があだとなったのか、なかなか通じない。

 堤といえば、『俺はまだ本気出してないだけ』の見た目も中身もダメな中年男や、『銀魂2 掟は破るためにこそある』で原作人気キャラクター・松平片栗虎を演じるなど、コメディの名手・福田雄一監督作品にも出演してきたが、広瀬は堤がどのようなテンションで演じるか想像がつかず、役作りについては事前にあまり固めず現場で感じるまま演じようと思っていたそうだ。

■公開情報
『一度死んでみた』
3月20日(金)ロードショー
出演:広瀬すず、吉沢亮、堤真一、リリー・フランキー、小澤征悦、嶋田久作、木村多江、松田翔太、加藤諒、でんでん、柄本時生、前野朋哉、清水伸、西野七瀬、城田優、原日出子、真壁刀義、本間朋晃、野口聡一(JAXA宇宙飛行士)、佐藤健、池田エライザ、志尊淳、古田新太、大友康平、竹中直人、妻夫木聡
監督:浜崎慎治
脚本:澤本嘉光
音楽:ヒャダイン
配給:松竹
製作:松竹、フジテレビジョン
(c)2020 松竹 フジテレビジョン
公式サイト:https://movies.shochiku.co.jp/ichidoshindemita
公式Twitter:@shindemitamovie
公式Instagram:@ichidoshindemita

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる