『スカーレット』戸田恵梨香「短いなぁ……短すぎるわ」 涙なしには見られない喜美子の慟哭

『スカーレット』戸田恵梨香「短いなぁ……短すぎるわ」 涙なしには見られない喜美子の慟哭

 『スカーレット』(NHK総合)第22週「いとおしい時間」では、武志(伊藤健太郎)の病名が大崎(稲垣吾郎)から喜美子(戸田恵梨香)へと告げられる。

 病名は慢性骨髄性白血病。始めは緩やかに慢性期を経て、薬を飲みながら移行期に、そこからは急激に進行し死に至る難儀な病気だ。骨髄移植をすれば助かる可能性があるが、親子がドナーになることができるのは1%未満という奇跡のような確率。そして、慢性期から急激に進行するまでの期間は3年から5年。それはそのまま武志の余命となる。

 「短いなぁ……短すぎるわ」。大崎の説明を受け止められずにいる喜美子。この時の年代は昭和58年(1983年)と、まだまだ白血病という病気が知られていない時代。3月6日に『あさイチ』の「プレミアムトーク」に出演した戸田恵梨香は、そのことに触れながら、「ヒリヒリ感。お互いの緊張感がすごかったですね」と稲垣吾郎との共演シーンを振り返る。一方の稲垣も「これは朝ドラじゃないよ。非常にデリケートなシーン」と話している通りに、『スカーレット』における最もシリアスな第22週「涙のち晴れ」での八郎(松下洸平)が家を出ていく場面にも匹敵する、張り詰めた空気が流れる。

 「患者さんに本当のことを伝えたいと思っています。病と向き合う力は治療にも必要です」と武志に生きてほしいと病名を伝えることを勧める大崎に、喜美子の返事は「考えさせてください」。大崎は脚本を務める水橋文美江が稲垣を当て書きした部分もある役だというが、動揺する喜美子に親身に向き合う姿は、稲垣のイメージそのままでもある。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる