橋本環奈が佐藤大樹にすね蹴り攻撃! 『小説の神様』Web限定特別映像&場面写真

橋本環奈が佐藤大樹にすね蹴り攻撃! 『小説の神様』Web限定特別映像&場面写真

 5月22日に公開される、佐藤大樹(EXILE / FANTASTICS from EXILE TRIBE)と橋本環奈がW主演を務める映画『小説の神様 君としか描けない物語』より、場面写真とWeb限定の特別映像が公開された。

 本作は、最新作『medium 霊媒探偵城塚翡翠』で「このミステリーがすごい!2020年版」「2020本格ミステリ・ベスト10」でともに第1位を受賞するという快挙を遂げた作家・相沢沙呼の同名小説を実写映画化するもの。夢を見失い自身の才能と現実のギャップに悩み、傷つきながらも挑戦していく登場人物の姿を描く。

 主人公は中学生で作家デビューしたものの、発表した作品は酷評され、売り上げも振るわない高校生小説家・千谷一也と、ドSな性格でヒット作を連発する同じクラスの人気ものの高校生小説家・小余綾詩凪。すべてが真逆の2人に、編集者から下されたミッションは、2人で協力し、1つの物語を作り、世の中の人の心を大きく動かすベストセラーを生み出すことだった。

 千谷役を演じるのは、EXILE / FANTASTICS from EXILE TRIBEのパフォーマーの佐藤大樹。小余綾役を橋本が演じる。監督は、『HiGH&LOW』シリーズの久保茂昭が務め、佐藤流司、柴田杏花、山本未來、坂口涼太郎、片岡愛之助、和久井映見、莉子らが共演に名を連ねる。

映画『小説の神様』Web限定特別映像

 公開された特別映像では、共作をする前の一也の気持ちに寄り添う、伶が歌う挿入歌「こんな世界にしたのは誰だ」が初披露。また、ある出来事を受け雨に打たれて帰宅した一也が感情を爆発させるシーンには、佐藤大樹がアドリブで演じているパートも。「すね蹴り攻撃」「ビンタ」「ぬいぐるみを投げつけられる」といった一也のヘタレっぷり感じるシーンも収められている。

 場面写真には、一也と詩凪の接近ショットや、必死さを見せる一也に対し、余裕そうな表情を見せる詩凪との視線ぶつかる打合せシーン、文芸部の仲間と過ごす青春感あふれる下校シーンなどが切り取られている。さらに、文芸部部長・九ノ里正樹(佐藤流司)が呆然と立ちつくす一也に語りかける場面や、一也は詩凪を見つめ、一方の詩凪は一人で考え込み詩凪の孤独感を感じる場面写真も公開された。

 また、本作のムビチケカードが3月13日より発売開始される。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

■公開情報
『小説の神様』
5月22日(金)全国公開
出演:佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS)、橋本環奈、佐藤流司、柴田杏花、莉子、坂口涼太郎、山本未來、片岡愛之助、和久井映見
原作:相沢沙呼『小説の神様』(講談社タイガ刊)
脚本:鎌田哲生
監督:久保茂昭
音楽:中野雄太
主題歌:「Call Me Sick」伶(Sony Music Labels inc)
企画:HI-AX/LDH/CREDEUS
制作プロダクション:CREDEUS    
配給:松竹
(c)2020「小説の神様」製作委員会
公式Twitter:@shoukami_movie

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる