パリのホテルのマジカルな一夜を描く クリストフ・オノレ監督作『今宵、212号室で』6月公開

パリのホテルのマジカルな一夜を描く クリストフ・オノレ監督作『今宵、212号室で』6月公開

 『愛のあしあと』『美しいひと』のクリストフ・オノレ監督作『Chambre 212(原題)』(英題:『On a Magical Night』)が、『今宵、212号室で』の邦題で6月12日に公開されることが決定した。

 本作の主人公マリアは、付き合って25年、結婚して20年になる夫リシャールと二人暮らし。ある日、密かに重ねていた浮気がリシャールにばれてしまい、怒った彼と距離を置くため、マリアは一晩だけアパルトマンの真向かいにあるホテルの212号室へ。窓越しにリシャールの様子を眺めるマリアのもとに20年前の姿をしたリシャールが現れ、さらには元カレたちも次々と登場し、愛の魔法にかかった不思議な一夜が幕を開ける。

 マリアを演じたのは、マルチェロ・マストロヤンニを父に、カトリーヌ・ドヌーヴを母にもつキアラ・マストロヤンニ。本作で第72回カンヌ国際映画祭ある視点部門最優秀演技賞を受賞している。若き日の夫リシャール役に、『アマンダと僕』で注目を集めたヴァンサン・ラコストが扮し、夫役は、フランス・ポップス界の名プロデューサーであり人気ミュージシャンのバンジャマン・ビオレが務める。私生活ではキアラ・マストロヤンニの元夫であるビオレとの「元夫婦による夫婦役」が実現した。

■公開情報
『今宵、212号室で』
6月12日(金)、Bunkamuraル・シネマ、シネマカリテ他全国順次公開
監督・脚本:クリストフ・オノレ
出演:キアラ・マストロヤンニ、ヴァンサン・ラコスト、カミーユ・コッタン、バンジャマン・ビオレ、キャロル・ブーケ
2019年/フランス・ルクセンブルク・ベルギー/フランス語/87分/1:1.85/原題:Chambre 212/英題:On A Magical Night
配給:ビターズ・エンド
(c)Les Films Pelleas/Bidibul Productions/Scope Pictures/France 2 Cinema
公式サイト:www.bitters.co.jp/koyoi212

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる