ムロツヨシの揺るぎない価値観 『病室で念仏を唱えないでください』で説いた「両忘」という禅

ムロツヨシの揺るぎない価値観 『病室で念仏を唱えないでください』で説いた「両忘」という禅

 濱田(ムロツヨシ)の医療へのポリシーが明らかになった『病室で念仏を唱えないでください』(TBS系)の第8話。ついに濱田の野望であった小児ハートセンターの設立に王手がかかる。

 救急に運ばれてきた生活保護の患者に不要なペースメーカーが埋め込まれていたことで、松本(伊藤英明)と三宅(中谷美紀)、児嶋(松本穂香)は患者のカルテを調べる。すると、担当の医師はあおば台病院の心臓血管外科の田沼(前田公輝)であることが発覚した。田沼はペースメーカーの会社から金をもらい、指定されたペースメーカーを使用していた。

 この不正を知った濱田は、田沼の罪に一度は目を瞑る。濱田にはこのあと、心臓外科学会理事長・大貫(きたろう)の孫である美咲(中野翠咲)の重要な手術が控えていたからだ。田沼は手技は優秀な医者である。美咲の手術時に濱田をサポートさせるため、濱田は田沼の不正を許していたのだ。しかし一転、手術が無事終わると、濱田は田沼をあおば台病院から辞職させる。濱田にとって、小児ハートセンター設立のために、今のあおば台病院では一切の不正が許されない。濱田はこの件をもみ消し、田沼を追放するのであった。

 一方、憲次(泉谷しげる)は松本の働きかけで治療に前向きになり、治験薬を試す方針で治療を進めることを決意。治療の方針を決める際に松本は「両忘」という禅の言葉を説く。白か黒か、良いことか悪いことか、どちらか一方を選ぶのではなく、両方を忘れて、無我の境地を志向することだと言う。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる