藤ヶ谷太輔が恋愛の複雑さに立ち向かう 『やめるときも、すこやかなるときも』大きく動く気持ち

藤ヶ谷太輔が恋愛の複雑さに立ち向かう 『やめるときも、すこやかなるときも』大きく動く気持ち

 本作はこうした恋愛の複雑さに立ち向かい、心の奥底の絡まった糸を解くように壱晴の心を整理していく様子が魅力的に描かれる。誰かを愛しく思う壱晴の姿も、ふとした虚しさに眉尻を下げる壱晴も、藤ヶ谷は臨場感たっぷりに演じた。藤ヶ谷が演じる壱晴には、なかなか思いを整理できない不器用さと、誰かとの心のつながりを求める寂しさがよく現れている。所属するグループKis-My-Ft2ではセクシー担当だという藤ヶ谷だが、本作ではステージとはまた違った不器用でピュアな一面も見せてくれている。作中の回想シーンでは学生服姿もあり、初々しさと爽やかさを前面に出した藤ヶ谷を拝めるのも本作の魅力の一つだろう。

 いよいよドラマもクライマックスに近づく。一生懸命お互いと向き合い、心の距離を近づけようとする2人が大きな壁を超えることはできるのだろうか。誰かに恋をするという感情の難しさについて考えさせられる第7話で、2人の気持ちは大きく動く。

■Nana Numoto
日本大学芸術学部映画学科卒。映画・ファッション系ライター。映像の美術等も手がける。批評同人誌『ヱクリヲ』などに寄稿。Twitter

■放送情報
『やめるときも、すこやかなるときも』
日本テレビにて、毎週月曜深夜24:59〜放送中(Huluでも配信)
出演:藤ヶ谷太輔、奈緒、五関晃一、火野正平、金澤美穂、浅見姫香、中井友望、遠山俊也、手塚理美
原作:窪美澄『やめるときも、すこやかなるときも』(集英社文庫刊)
脚本:桑村さや香
演出:小室直子
音楽:赤い靴
編成企画:田中宏史、川口信洋
チーフプロデューサー:福士睦
企画プロデューサー:⻑松谷太郎
プロデューサー:能勢荘志、高橋淳之介(「高」の正式表記はハシゴダカ)、松山雅則
制作プロダクション:トータルメディアコミュニケーション
製作著作:日本テレビ、ジェイ・ストーム
(c)NTV・J Storm
公式サイト:https://www.ntv.co.jp/tomoniikiru/
公式Twitter:@tomoniikiru_ntv
公式Instagram:@tomoniikiru_ntv

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる