横浜流星を救った清野菜名の存在 『シロクロ』最終話で示した“白黒つけること”

横浜流星を救った清野菜名の存在 『シロクロ』最終話で示した“白黒つけること”

 ついにミスパンダと直輝(横浜流星)の関係に決着がつく。『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(読売テレビ・日本テレビ系、以下『シロクロ』)の第10話では、直輝が、シロクロつけてきたことが正しかったのか苦悩する。

 直輝の突いたナイフを受けたリコ(レン、清野菜名)はそのまま入院し、1カ月目覚めなかった。そして直輝は、これまでに出会ってきた人物と再度会い、関係に“シロクロ”つけるのであった。だが、結局はミスパンダと飼育員の活動で幸せになれた者はいなかった。現実を目の当たりにし、自分の行動を悔やんだ直輝は自殺を図ろうとする。その時、ミスパンダが「自由になる」と言って勝手にパンダちゃんねるの配信を始めたのだ。それは直輝を救うためのたくらみだった。驚いた直輝は、ミスパンダ(リコ)に会いにいく。一方のリコは、母親の麻衣子(山口紗弥加)と話をし、「私の娘でいてくれてありがとう」という言葉をもらう。これこそがリコの夢だった。リコは直輝に夢を叶えたことを伝え、リコの人格を消してレンを呼び戻してほしいと頼む。この要求を飲んだ直輝は、リコに別れのキスをする。そして直輝もまた、自身に催眠をかけてレン、リコ、そしてミスパンダのことを忘れるように仕向けた……。

 直輝が復讐と同時に行ってきたシロクロつける活動が、果たして正しかったのか。父親のために突き進んできた直輝が、復讐を終え、いざ立ち止まった場所に幸福はなかった。関わってきた人に会い、それぞれから話を聞く姿は、ひとつひとつの事柄に真っ直ぐ向き合ってしまう直輝らしさが描かれる。しかし、最後には神代(要潤)に“佐島家の死神”とまで言われてしまった。結局直輝は、復讐が最良の判断ではなかったことを知る。絶望して死のうとした直輝を救ったのは、今まで利用してきたミスパンダ/リコであった。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる