『ペトルーニャに祝福を』ポスター&予告編 女人禁制の祭りに参加してしまったことから騒動へ

 4月25日公開の映画『ペトルーニャに祝福を』より、予告編とポスタービジュアルが公開された。

 本作は、第69回ベルリン国際映画祭においてエキュメニカル審査員賞とギルド映画賞をダブル受賞したテオナ・ストゥルガル・ミテフスカ監督の最新作。北マケドニアの小さな街シュティプを舞台に、女人禁制の伝統儀式に思いがけず参加してしまった一人の女性が巻き込まれる騒動を描く。

 十字架を川に投げ入れる伝統儀式「神現祭」は、東ヨーロッパの東方正教を信仰する国々で毎年1月19日に行われている。北マケドニアの首都スコピエ生まれのテオナ・ストゥルガル・ミテフスカ監督が、2014年に北マケドニアのシュティプで十字架を掴み取った女性をモデルに、実際の出来事を下敷きに本作を完成させた。

 32歳のペトルーニャは、美人でもなく、体型は太め、恋人もいない。大学で学んだのに仕事はウィトレスのバイトだけ。主義を曲げて臨んだ面接でもセクハラに遭った上に不採用となった彼女は、帰り道に地元の伝統儀式に遭遇する。それは、司祭が川に投げ入れた十字架を男たちが追いかけ、手に入れた者には幸せが訪れると言われるもの。ペトルーニャは思わず川に飛び込むと、その“幸せの十字架”を手に入れる。しかし男たちは「女が取るのは禁止だ!」と男たちから猛反発を受け、さらには教会や警察を巻き込んでの大騒動に発展していく。

 公開されたポスタービジュアルには、ペトルーニャの斜め後ろに多々づむ男性の姿が。顔は写されず、「私だけの十字架を探して」とコピーが添えられている。

映画『ペトルーニャに祝福を』予告編

 予告編では、男しか手に入れることを許されていない幸せの十字架を偶然手にしたペトルーニャが、謎の女性が十字架を取ったとメディアに騒がれ、母親からは「罰当たり」と責められ、果ては十字架を返すよう求められ警察にまで連行されてしまう。

■公開情報
『ペトルーニャに祝福を』
4月25日(土)、岩波ホールほか全国ロードショー
監督:テオナ・ストゥルガル・ミテフスカ
出演:ゾリツァ・ヌシェヴァ、ラビナ・ミテフスカ
配給:アルバトロス・フィルム
提供:ニューセレクト
後援:駐日北マケドニア共和国大使館
2019年/北マケドニア・フランス・ベルギー・クロアチア・スロヴェニア合作/マケドニア語/シネスコ/5.1ch/100分/英題:God exists,her neme is Petrunya/日本語字幕:岩辺いずみ
(c)Pyramide International

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる