竜星涼×犬飼貴丈W主演『ぐらんぶる』5月公開決定 ほぼ服を着ていない特報&ビジュアルも

 竜星涼と犬飼貴丈がW主演を務める映画『ぐらんぶる』が、5月29日に公開されることが決定。あわせて特報映像とファーストビジュアルが公開された。

 本作は、講談社『good!アフタヌーン』にて2014年4月から連載中の同名漫画を実写化するもの。井上堅二と吉岡公威のコンビによる漫画は、ダイビングサークルを舞台にしながら、なぜかほぼダイビングをしないという型破りな青春コミック。既刊14巻で440万部を突破、2018年7月から9月にかけてアニメ化された。映画では、『ハンサム★スーツ』『ヒロイン失格』『映画 賭ケグルイ』の英勉監督がメガホンを取り、竜星が北原伊織を、犬飼が今村耕平を演じる。

 公開されたポスタービジュアルでは、全裸の竜星と犬飼が熱帯魚とともに海を潜る姿が切り取られており、「ギブ・ミー・キャンパスライフ!」というコピーが綴られている。

竜星涼×犬飼貴丈W主演映画『ぐらんぶる』特報映像

 特報映像では、実際に沖縄の離島で撮影された海の風景が映し出される前半から一変、竜星演じる主人公の伊織が真っ裸のままキャンパスに出現し、そこに同じく服を着ていない犬飼演じる耕平が出会うシーンが描かれている。

 竜星と犬飼、二人の担当マネージャー、エグゼクティブプロデューサーの関口大輔からはコメントが寄せられている。

コメント

竜星涼

青春ダイビング映画をつくるとオファーを受け、聞くと男2人のバディもの。2人を取り巻く友情や恋愛など、キラキラした大学生活を想像し、即オファーを受けました。それからの撮影期間とても濃厚な時間を過ごすことが出来ました。来る日も来る日も裸。裸、裸、裸。ん? 最初に想像していたイメージとは少し、いやだいぶかけ離れてしまいましたが、かけがえのない裸の先輩と裸の相棒に出会うことができました。
キラキラな青春ダイビング映画『ぐらんぶる』、是非劇場でお確かめ下さい。何度もいいます。キラキラな青春映画です。

竜星涼 担当マネージャー

はじめてオファーをいただいた時、最大のチャンスと最大のピンチが同時に来たなと思いましたが、彼なら全力でやり遂げると信じてお引き受けしました。竜星が文字通り体を張った作品なのでマネージメントも気合を入れて大ヒットを目指します! ただ、イベントに裸で出てくださいと言われたらどうしようと思うと怖くて眠れません……。

犬飼貴丈

僕は漫画アニメが好きで、この仕事をしてる以上は漫画アニメ原作の作品に携わりたいと常々思っていました。この『ぐらんぶる』も漫画原作ということで携われたことに大変嬉しく思います。
ほぼ裸でしたが。
それだけではなく、明るく楽しい現場、好きなことをさせてくれる監督、スタッフの方々、面白い共演者。沢山の素敵な出会い、撮影期間が夏だったということもあり、かけがえのない夏の思い出ができました。
ほぼ裸でしたが。
夏と海という青春成分満載な映画で、男ってバカだな〜というようなことばかりやってるので是非劇場に足をお運びください。

犬飼貴丈 担当マネージャー

この度は千載一遇のチャンスを頂き、参加を即断即決させて頂きました。
僕が立ち会った撮影現場では裸、ポスター撮影でも裸、僕は服を着た犬飼をまだ見ておりません(笑)。
ジュノンボーイから始まり、仮面ライダー、朝ドラなど、今まで培った経験だけは身に纏い、犬飼は文字通り裸一貫頑張りました。
皆様にも観て頂きたいと思い、今後は宣伝活動を頑張って参ります! それにしても特報やポスター大丈夫かな。社長、申し訳ございません!!

関口大輔エグゼクティブプロデューサー

英監督からプロデューサーへの唯一の質問は、「振り切っていいですか?」という一言でした。もちろん、「振り切ってください」と答えました。原作通り、主人公達はほぼ全編裸。さすがに竜星さんも犬飼さんも、ここまで裸の撮影が続くとは思っていなかったのではないでしょうか。でも、二人は最後まで嫌な顔ひとつせず全力・全裸で撮影に取り組んでくれました。私には二人がまるで原作から飛び出してきた伊織と耕平のように見えました。原作を知らない方も原作ファンの方も楽しんでいただける、今まで見たことのない男の友情、青春コメディ映画となっています。2020年の初夏に、ぜひこの映画をご覧いただけたらと思います。

■公開情報
『ぐらんぶる』
5月29日(金)全国ロードショー
主演:竜星涼、犬飼貴丈
原作:井上堅二・吉岡公威『ぐらんぶる』(講談社アフタヌーンKC刊)
監督:英勉
脚本:英勉、宇田学
制作プロダクション:THEFOOL
配給:ワーナー・ブラザース映画
製作:映画「ぐらんぶる」製作委員会
(c)井上堅二・吉岡公威/講談社 (c)2020 映画「ぐらんぶる」製作委員会
公式サイト:grandblue-movie.jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる