刑務所から出所したシングルマザーがスターを目指す 『ワイルド・ローズ』6月公開

刑務所から出所したシングルマザーがスターを目指す 『ワイルド・ローズ』6月公開

 ジェシー・バックリー主演映画『ワイルド・ローズ』が6月26日に全国公開されることが決定し、あわせて場面写真が公開された。

 本作は、本年度ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞インディペンデント映画トップ10に選出され、主演のバックリーは本年度英国アカデミー賞(BAFTA)の主演女優賞にノミネート、主題歌「Glasgow」が本年度アカデミー賞主題歌賞のショートリストに選出、放送映画批評家協会賞の主題歌賞にもノミネートされた話題作。

 溢れる才能とカリスマ性、大胆さを持つローズ=リン・ハーランは、グラスゴーを出てカントリー歌手になることを夢見ていた。だが、刑務所から出たばかりで、二人の子供を抱えるシングルマザーの彼女にとって、夢の舞台はあまりにも遠い場所だった。家政婦として資産家のスザンナの家で働き始めるローズ。彼女の歌を聞いたスザンナは、その才能に感銘を受け、彼女を応援することに。夢に近づくチャンスが到来し、彼女は家族とスターへの道の間で選択を迫られるのだった。果たして、ローズは夢の舞台へ辿り着けるのか……?

 『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』のトム・ハーパー監督がメガホンを取り、2017年英国アカデミー賞テレビ部門で6部門にノミネートされたドラマ『戦争と平和』以来のバックリーとのタッグとなる。ローズの母親役をジュリー・ウォルターズ、ローズに手を差し伸べる資産家のスザンナ役をソフィー・オコネドーが演じる。

 公開された場面写真では、刑務所から出所したローズが拳を高らかに掲げ熱唱する姿が切り取られている。

■公開情報
『ワイルド・ローズ』
6月26日(金)全国ロードショー
監督:トム・ハーパー
脚本:ニコール・テイラー
出演:ジェシー・バックリー、ソフィー・オコネドー、ジュリー・ウォルターズ
配給:ショウゲート
2018/カラー/5.1ch/イギリス/スコープ/102分/原題:Wild Rose/字幕翻訳:中沢志乃
(c)Three Chords Production Ltd/The British Film Institute 2018
公式サイト:www.wildrose-cinema.com

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ