上白石萌音と佐藤健が息ぴったり 『恋はつづくよどこまでも』撮影現場の“匂い”事情明かす

上白石萌音と佐藤健が息ぴったり 『恋はつづくよどこまでも』撮影現場の“匂い”事情明かす

 1月8日に、14日から放送がスタートする火曜ドラマ『恋はつづくよどこまでも』 (TBS系)の舞台挨拶が行われ、主演の上白石萌音をはじめ、佐藤健、香里奈、毎熊克哉、堀田真由、渡邊圭祐、昴生、吉川愛が登壇した。

 本作は、主人公・佐倉七瀬(上白石萌音)が恋に落ちたドSなドクター天堂浬(佐藤健)を追ってナースとなり、同じ病院で働く様子を描くラブコメドラマ。真っ直ぐに天堂を思い続ける七瀬を、ゴールデンプライム帯連続ドラマ初主演の上白石が爽やかに演じ、健気に恋をする姿を見せる。原作は円城寺マキの同名コミックス「恋はつづくよどこまでも」(小学館)、主題歌はOfficial髭男dismが担当する。

上白石萌音

 第1話の完成披露試写のあと、盛大な拍手の中、キャスト一同が登壇。上白石が「ドラマ、いかがでしたか!」と観客に呼びかけると会場からは大きな拍手が起こる。「昨日の夜から脈拍がおかしなことになるくらい、めちゃくちゃ緊張しています。大好きなみなさんとこの場に立てることが幸せです」と緊張を明かした。続いて佐藤は「現場では上白石さん演じる七瀬に心ない言葉を浴びせ続け、上白石さんはじめ、共演者の方から『ひどい』と言われ、心を痛める日々です」と挨拶すると、上白石は咄嗟に「(心を痛めるのは)違う違う、逆でしょ」とツッコミ、さっそく息のあった様子を見せた。

佐藤健

 ドSな天堂に共感できる部分について佐藤は「みなさんご存知の通り、普段は本当に温厚なので、ございません」と爽やかに答える。すると昴生は「そうなのかな……」とポツリ。上白石が「片鱗は感じますよ。カメラ回ってない時も『あっ、ちょっとミニ天堂出てきたな』と」と指摘すると、昴生は畳み掛けるように「僕が芝居すると、首かしげるんですよ! 全然気に入ってない、僕の芝居! と思って。あの時は本当に“魔王”」と劇中での天堂のあだ名である“魔王”っぷりを強調して話した。しかし佐藤は「1話よかったですよ、すごく。上手じゃなかったですか? 僕、びっくりしましたよ」と昴生を褒め、魔王キャラを払拭しようとする。昴生は大きな笑顔を見せ「嬉しい! ありがとう! よかったですか!?」と興奮の様子を見せる。

昴生

 撮影時には、色んな共演者の方に褒められたという昴生。それを昴生が伝えたところ、「そういうの真に受けるタイプなんだ」と佐藤から言われたという裏エピソードを明かし、会場は昴生トークで爆笑に包まれた。そして、佐藤の態度に「どちらが本当かわからない」と不安そうにする昴生に、佐藤は「真実はここ(胸)にあんだって」と言った後、天堂らしいツンデレっぷりで昴生の胸をトンと叩くと、会場からは黄色い歓声が。作品だけでなく、舞台挨拶でも胸キュンさせる様子を披露した。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「レポート」の最新記事

もっとみる