年末企画:杉本穂高の「2019年 年間ベストアニメTOP10」 劇場アニメが類を見ないほど豊作の年に

年末企画:杉本穂高の「2019年 年間ベストアニメTOP10」 劇場アニメが類を見ないほど豊作の年に

 リアルサウンド映画部のレギュラー執筆陣が、年末まで日替わりで発表する2019年の年間ベスト企画。映画、国内ドラマ、海外ドラマ、アニメの4つのカテゴリーに加え、今年輝いた俳優たちも紹介。アニメの場合は2019年に日本で劇場公開された映画、放送・配信されたアニメの作品から、執筆者が独自の観点で10本をセレクト。第10回の選者は、神奈川県厚木市のミニシアター「アミューあつぎ映画.comシネマ」の元支配人で、現映画ライターの杉本穂高。(編集部)

 今年もたくさんの作品を観た。そしてたくさんの作品を観逃した。このベスト10企画の際には毎年書いているが、どの分野も作品数が多すぎて、一人の人間には本当の意味で年間ベスト10を選ぶことはできなくなっている。アニメーションという分野一つとっても、識者それぞれ観測範囲が異なる。これは筆者の狭い観測範囲でのベスト10でしかないことをご承知おきください。

1. 『海獣の子供』
2. 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』
3. 『エセルとアーネスト ふたりの物語』
4. 『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 – 永遠と自動手記人形 -』
5. 『スパイダーマン:スパイダーバース』
6. 『BEASTARS』
7. 『幸福路のチー』
8. 『天気の子』
9. 『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』
10. 『さらざんまい』

 2019年は、とにかく劇場作品が大幅に増加した。3年前の『君の名は。』のヒットを受けて東宝配給(東宝映像事業部含む)の作品が大幅に増加し、海外アニメーションの公開も相次ぎ、年間通して映画館で国内外の傑作アニメーションを堪能できた1年だった。『プロメア』『空の青さを知る人よ』『ぼくらの7日間戦争』『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』『クロース』など例年なら絶対ベストに入りそうな作品が押しのけられるほどに今年は豊作だった。昨年からNetflixで配信されている『ブレッドウィナー』は昨年4位に選出したので、改めて劇場公開されることとなったが対象外とした。

 TVアニメの本数は、微減しているようだが、原作本を大ヒットに導いた『鬼滅の刃』などが話題となり、TVというファーストウィンドウがまだまだ健在だと証明された。そのほか『女子高生の無駄づかい』はすごく印象深い作品だった。

 昨年までは執筆時点で完結していない作品は対象外にしていたが、今年はそれを外して現在放送中の『BEASTARS』を選んだ。現時点ですでに素晴らしい作品であることは揺るがないと思ったからだ。『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』を2位、『海獣の子供』を1位にしているが、正直甲乙つけがたい。「片隅に」に関しては、全てのシーンが出揃ったバージョンではなく「特別先行版」を鑑賞したので、完全版を見たらこの順位は入れ替わるかもしれないことを付記しておく(編集部注:本稿の執筆は12月16日)。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ