スカーレット・ヨハンソンとGG賞ノミネート少年が“愛”を語る 『ジョジョ・ラビット』本編映像

スカーレット・ヨハンソンとGG賞ノミネート少年が“愛”を語る 『ジョジョ・ラビット』本編映像

 2020年1月17日に公開される『ジョジョ・ラビット』より、本編映像が公開された。

 本作は、『マイティ・ソー バトルロイヤル』のタイカ・ワイティティ監督最新作。4度アカデミー賞作品賞に輝き、今年で創立25周年を迎えるFOXサーチライトのもと、第二次世界大戦中のドイツを舞台に戦時下に生きる人々の生きる歓びと人生の真実を弾けるユーモアとともに描き出す。

 10月18日から全米公開され現在8週目にしてトータル1,927万ドル稼ぎ出した本作。さらに、10月23日から公開のニュージーランドでは、その週末の全興行収入の42%を独占する大ヒットを記録し4週連続No.1を獲得。先日発表された第77回ゴールデングローブ賞ノミネートにおいては、作品賞(ミュージカル&コメディ部門)と、主演男優賞(ローマン・グリフィン・デイビス/ミュージカル&コメディ部門)の主要2部門でノミネートされた。

『ジョジョ・ラビット』本編映像

 公開された映像は、映画初出演のローマン・グリフィン・デイビスがスカーレット・ヨハンソンと、“愛”について親子の会話を繰り広げるシーン。強く美しく聡明な母親ロージー(スカーレット・ヨハンソン)が、 “愛”という目に見えないものを理解できない少年ジョジョ(ローマン・グリフィン・デイビス)に、「愛は最強の力よ」とまさに愛情たっぷりに伝える。

 アドルフ・ヒトラー(タイカ・ワイティティ)を空想上の友達にしてしまうくらい心酔し、「一番強いのはミサイルだ。次がダイナマイトで3番が筋肉。愛なんて見ても分からない」といっちょ前に反抗するジョジョだが、まだ靴紐すら自分で結べない若干10歳の少年。ロージーは「愛は目に見えなくても分かるわ。感じるの、痛いの。お腹の中で蝶が飛び回る感じ」と穏やかに伝えながら、両足の紐を繋ぐイタズラで応戦する。

 「一目見た瞬間にピッタリだと思った」とワイティティ監督が一目惚れし、何カ月も続いていたジョジョ役のオーディションを一瞬で終わらせたというデイビスは、本作が映画初出演にして、ゴールデングローブ賞の主演男優賞にノミネートされる快挙。ワイティティは「デイビスは本当に素晴らしい。信じられないほど聡明で、感受性が強く、周りの役者にも気を遣う。いつも質問してきて、他の役者の芝居の意味をとらえ、それが自分にどう関係してくるかを理解しようとする。だから自分の芝居にどんな気持ちで向かえば良いかをよく分かっている。これは場数を踏んだ役者でないとできないことですが、10歳のデイビスがちゃんとそれを考えているのは本当に驚くべきこと」と手放しで大絶賛している。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

■公開情報
『ジョジョ・ラビット』
2020年1月17日(金)全国公開
監督・脚本:タイカ・ワイティティ
出演:ローマン・グリフィン・デイビス、タイカ・ワイティティ、スカーレット・ヨハンソン、トーマサイン・マッケンジー、サム・ロックウェル、レベル・ウィルソンほか
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(c)2019 Twentieth Century Fox
公式Twitter:https://twitter.com/foxsearchlight
公式Facebook:https://www.facebook.com/FoxSearchlightJP/
公式Instagram:https://www.instagram.com/foxsearchlight_jp/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる