A24が贈る家族の物語 オークワフィナ主演『フェアウェル』2020年春公開へ

 『オーシャンズ8』のオークワフィナ主演映画『フェアウェル』が2020年春に公開されることが決定し、あわせてポスタービジュアルが公開された。

 本作は、ルル・ワン監督自身の実際の“嘘”に基づく家族の物語。中国を離れ日本やアメリカなど海外に散った親戚一同が、末期がんを患ったおばあちゃんのために何十年振りかに帰郷し、顔を揃えることに。アメリカNY育ちのビリーは大好きなおばあちゃんが残り僅かな人生を後悔なく生きてもらえるように、病状を伝えるべきと主張するが、中国に住む大叔母は、「がんで死ぬ人は、がんではなく、恐怖に殺される」と固辞。中国では助からない病は告げない伝統があると、他の親戚たちも賛同し、ビリーと意見が分かれてしまう。

 『オーシャンズ8』ではスリが得意なコンスタンスを演じ、『クレイジー・リッチ!』では主人公の親友を演じたオークワフィナが、祖母を愛してやまないNY在住の孫娘ビリーを演じる。ビリーの父ハイヤン・ワン役を、『ラッシュアワー』シリーズなどにも出演し、ディズニー映画『ムーラン』の公開を控えるツィ・マー、母親のルー・チアン役を、数々の映画、TVシリーズに出演しているダイアナ・リンが演じる。

 2019年サンダンス映画祭でプレミア上映が行われたのち、Netflix、フォックス・サーチライト・ピクチャーズ、アマゾン・スタジオなど多くの企業が本作の配給に名乗りをあげるが、ルル・ワン監督曰く「家が数軒買えるオファーをもらったけど、劇場でお客さんと語り合う体験をしたかった」と、最終的に『ムーンライト』『レディ・バード』などアカデミー賞作品を多く輩出する気鋭のスタジオA24に軍配があがった。

 全米4館で限定公開されると驚異的な大ヒットを飛ばし、公開3週目には135館で公開、全米10位にランクイン、最終的に全米891館まで上映館が拡大された。アカデミー賞前哨戦のひとつインディペンデント・スピリット賞では、作品賞、助演女優賞、ボニー賞の3部門にノミネート。さらに、ゴッサム・インディペンデント映画賞で主演女優賞を受賞、作品賞、脚本賞にもノミネートされ、今年度のアカデミー賞レースを賑わす作品として注目が集まっている。

■公開情報
『フェアウェル』
2020年春、全国公開
監督・脚本:ルル・ワン
出演:オークワフィナ、ツィ・マー、ダイアナ・リン、チャオ・シュウチェン
配給:ショウゲート
2019/カラー/5.1ch/アメリカ・中国/スコープ/100 分/原題:The Farewell/字幕翻訳:稲田嵯裕里
(c)2019 BIG BEACH, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
公式サイト:farewell-movie.com

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる