『サンタ・カンパニー』花澤香菜が明かす、声優業への思い 「誰かの幸せに寄り添えたら」

『サンタ・カンパニー』花澤香菜が明かす、声優業への思い 「誰かの幸せに寄り添えたら」

「弁護士役にチャレンジしたい」

――この作品はノエルがサンタ・カンパニーで見習いを目指して頑張り、働くことの意義を見つけるお話でもあります。花澤さんは子役の頃からお仕事されていますが、仕事への姿勢でノエルに共感できる点はありましたか。

花澤:私はノエルちゃんほどしっかりしていませんでしたね。幼稚園の年長ぐらいの頃から事務所に入っていますけど、確固たる信念があったわけでもありませんし、その当時は学芸会などで人前に出るのが大好きだったので、お仕事もその延長線上という感じでした。プロとして何かを考えるみたいなことはなかったですし、ただ、負けず嫌いでしたから、オーディションに落ちたりするとすごく悔しかったです。

――なるほど。では花澤さんが仕事をしていて、他の同級生たちとは少し違う世界に生きているのかもしれないと自覚が出てきたのはいつ頃だったんですか。

花澤:お仕事している特別感のようなものは小さい時からありました。でも、仕事の話を同級生にするとみんなの捉え方は様々で、応援してくれる子もいれば、自慢だと捉える子もいたりして。小学校の高学年くらいからでしょうか、それはあんまり人に言うことじゃない、目立つといいことないんだなってわかってきました。それまで人前に出るのが好きだったのが、だんだん内向きの性格になっていったんですけど、そういう時期がありましたね。でも、それでいじめられたりしたわけでも孤立したわけではないので、恵まれていたとは思います。

――では、現在の花澤さんにとって働くとはどんな意味のあるものですか。

花澤:アニメは監督が作りたいものに対して、みんなで向かっていくものですから、声優もその中で監督に求められたものを提供することになります。この仕事で一番嬉しい瞬間は、「良かった」と言われてお役に立てたなと思えた時ですね。そういう充実感を得られるものが仕事なんだと思います。それが巡り巡って、どこかで人の役に立っていたり、誰かの幸せに寄り添えているのなら、すごく嬉しいことだなと思います。

――サンタクロースがプレゼントを配るのも人に夢を与える行為だとすれば、アニメや映画を作ることにも同じようなことが言えるかもしれません。実際、花澤さんのお仕事に触れて声優を目指した後輩もいるわけですよね。

花澤:そう言ってくださる人もいるんですけど、「もっとすごい人たちがたくさんいるから、そういう人を見て!」って言っています(笑)。でもそう言われるのは嬉しいですけどね。

――花澤さんは今回のノエルような小さい女の子役もたくさん演じていますけど、年を重ねて実年齢と離れていくことで、やりにくさを感じることはあるんですか。

花澤:私は今のところ声質もあまり変わっていませんし、それは感じないですね。収録前日のお酒は控えるようにはしていますけど(笑)。でも、本物の子供と共演した時、やっぱり本物は違うなと思わされる瞬間はありますね。

――子供から学ぶこともたくさんあるわけですね。

花澤:そうですね。学ぶこともたくさんあるし、自分にできないことが何なのかもわかってきますね。でも、私よりもずっとベテランで子供の役をやり続けている方々もたくさんいらっしゃいます。そういう方々の芝居を聞くと、この道を極めることもまた素晴らしいことで、だから私もその道に向かうしかないなと思います。

――今後、演じてみたい役はありますか。

花澤:役の幅を広げていくことは大切ですけど、その分自分も成長しないといけませんから、まずは私が成長しないとですね(笑)。でも、最近は先生役など実年齢に近い役も増えてきていて、そういうのもしっかりやっていきたいです。

 私、最近『グッド・ワイフ』という海外ドラマの弁護士ものにハマっているんです。他にも『アリー my Love』なども好きなんですけど、法廷で難しい言葉を操りながら、なおかつ感情が込もった芝居を観て、「すごいな、私もああいう役をやってみたいな」と密かに思っています。

――最後にこの映画をこれからご覧になる方にメッセージをお願いします。

花澤:小さい子たちは、今クリスマスに向けてワクワクしている時期だと思いますが、この映画はそのワクワクをもっと高めてくれるはずです。また、大人の方にも仕事や親子関係などいろいろ考えさせてくれる要素がたくさん詰まっているので、是非劇場に足を運んでいただけたらと思います。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

(取材・文=杉本穂高/撮影=三橋優美子)

■公開情報
『サンタ・カンパニー ~クリスマスの秘密~』
※同時上映『コロボッコロ』
11月29日(金)より、シネマート新宿、シネ・リーブル池袋ほか、全国順次公開
原作・脚本・監督:糸曽賢志
声の出演:花澤香菜、梶裕貴、戸松遥、釘宮理恵、櫻井孝宏、近藤雄介、小籔千豊、茶風林、天月、野口衣織、佐々木舞香ほか
音楽:SUPA LOVE
音響制作:BloomZ
キャラクターデザイン:左
脚本:オンダユウ
制作スタジオ:旭プロダクション
企画・プロデュース:藍沢亮(スターリーキューブ)
配給:キグー
著作:KENJI STUDIO
公式サイト:http://santa-company.net/

■コミックス概要
『サンタ・カンパニー1巻』
発売中
作者:原作/糸曽賢志 構成/野口周三 漫画/桃井優月・品川千陽
価格:本体680円(+税)
収録:1~4話、書き下ろし特典8P
判型:B6判フルカラー
発行:LINE Digital Frontier
特典:紙コミックス/キャラクターボイス付きイラストカード(全5種)
電子コミックス/LINEマンガ限定版特典「劇場アニメ設定資料集32P」

▼花澤香菜チェキプレゼント▼

花澤香菜のサイン入りチェキを1名様にプレゼント。応募要項は以下のとおり。

【応募方法】
リアルサウンド映画部の公式Twitterをフォロー&該当ツイートをRTしていただいた方の中から抽選でプレゼントいたします。当選者の方には、リアルサウンド映画部の公式TwitterアカウントよりDMをお送りさせていただきます。

※当選後、住所の送付が可能な方のみご応募ください。個人情報につきましては、プレゼントの発送以外には使用いたしません。
※複数のお申し込みが発覚した場合、ご応募は無効とさせていただく場合がございます。

<リアルサウンド映画部 公式Twitter>
https://twitter.com/realsound_m

<応募締切>
12月6日(金)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる