>  >  > 花澤香菜、『この世界の~』でテル役に

花澤香菜、『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』でテル役に 「信じられませんでした」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 12月20日公開の『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』にて、花澤香菜がテル役の声優を務めることが決定。あわせてテルの本編映像が公開された。

 本作は、第二次世界大戦中の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも前を向き、日々の暮らしを紡いでいく女性・すずの深い感情を描いた、2016年の映画『この世界の片隅に』を原型とした新たな物語。すず、リン、周作、それぞれの内に秘められた想いを、片渕須直監督が映像化する。

花澤香菜×テル動画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』

 花澤が声優を務めるテルは、すずが遊郭で出会うもう一人の九州出身の女性。公開されたテルの本編映像では、手に息を吹きかけて寒さをこらえながら南の島の絵を描いてあげるすずに、「そげん南の島がよか。よかねぇ…」と九州の方言で嬉しそうに話しかけるテルの切なくも愛らしい声が収められている。

花澤香菜 コメント

観て…というより、すずさんを通してあの体験をしてからずっと大切にしていた作品だったので、参加できるなんて信じられませんでした。原作を読みながら、自分なりにテルちゃんの描かれていない部分も想像して収録に臨ませていただきました。さらに多くの方に観ていただけますように!

■公開情報
『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』
12月20日(金)テアトル新宿、ユーロスペースほか全国公開
声の出演:のん、細谷佳正、稲葉菜月、尾身美詞、小野大輔、潘めぐみ、岩井七世、牛山茂、新谷真弓、花澤香菜、澁谷天外(特別出演)
原作:こうの史代『この世界の片隅に』(双葉社刊)
企画:丸山正雄
監督・脚本:片渕須直
配給:東京テアトル
製作:2019「この世界の片隅に」製作委員会
(c)2019こうの史代・双葉社 / 「この世界の片隅に」製作委員会
公式サイト:ikutsumono-katasumini.jp

「花澤香菜、『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』でテル役に 「信じられませんでした」」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版