阿部寛、肝心な場面で面倒見の良さを発揮 『まだ結婚できない男』次週は四角関係に注目?

『まだ結婚できない男』肝心な場面の阿部寛

 しかしこれですんなり素直に事が運ぶはずがないのが桑野という男だ。挙式当日に、新郎新婦本人に「代筆を読むだけのはずだったが騙されて自分で原稿を書かざるを得なくなった」と打ち明け、挙句の果てに「そのためにお前たちのことをもっと知る必要がある。なんで結婚なんてしようと思ったか聞かせてくれ」と言い出す。突然の申し出に、新郎新婦も思わず本音をこぼし、挙式本番前に険悪なムードに陥ってしまう。

 そんな最悪な展開の中、遂にその時を迎えてしまう。周囲がどうなることかと固唾を飲んで見守る中、桑野のスピーチが始まった。

 冒頭から「人生何が起きるかわからないし結婚してダメになっても自己責任だし」と発言し暗雲が立ち込める。

 しかし空気は一転、「15年前、僕のところにやってきた英治は本当に何も出来なかった。ただ1つ、彼はどんなに辛いことも逃げなかった。僕もダメダメな方ですが、そんな彼の支えもあってここまでやって来れた。そんな英治ですから結婚生活で辛いことがあっても、新婦に責められても絶対に逃げないでしょう。それは僕が証明しますよ。僕との間に絆が出来たんですから。桜子さんとの間にはもっと……ね。ま、そういう訳で英治をよろしくお願いします」とはにかみながら噛みしめるように話し、最後に「英治おめでとう」と締めくくった。桑野の思いのほか心のこもったスピーチを聞き、英治をはじめ参列していた事務所メンバーも、まどかたちもこれには思わず涙目であった。

 今回、姪っこのメイドカフェでのバイト騒動も解決に導いた桑野。大体どこかズレているものの、肝心な場面では意外な面倒見の良さを発揮し、しっかりと決める男だったりもするのだ。最終回も近いが、次回は遂にまどか、有希江、早紀との「四角関係」に発展?! 桑野が倒れるシーンも予告編で放送されていたので、ようやく何やらクライマックスに向けての急展開が待ち受けていそうな予感だ。

■楳田 佳香
元出版社勤務。現在都内OL時々ライター業。三度の飯より映画・ドラマが好きで2018年の劇場鑑賞映画本数は96本。Twitter

■放送情報
『まだ結婚できない男』
カンテレ・フジテレビ系にて、毎週火曜21:00~21:54
出演:阿部寛、吉田羊、深川麻衣、塚本高史、咲妃みゆ、平祐奈、阿南敦子、奈緒、荒井敦史、小野寺ずる、美音、RED RICE、デビット伊東、不破万作、三浦理恵子、尾美としのり、稲森いずみ、草笛光子
脚本:尾崎将也
演出:三宅喜重(カンテレ)、小松隆志(MMJ)、植田尚(MMJ)
チーフプロデューサー:安藤和久(カンテレ)、東城祐司(MMJ)
プロデューサー:米田孝(カンテレ)、伊藤達哉(MMJ)、木曽貴美子(MMJ)
制作著作:カンテレ、MMJ(メディアミックス・ジャパン)
(c)カンテレ
公式サイト:https://www.ktv.jp/kekkondekinaiotoko/



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる