レイチェル・ワイズ×レイチェル・マクアダムスで描く“禁断の愛” 『ロニートとエスティ』来年2月公開

 『グロリアの青春』『ナチュラルウーマン』のセバスティアン・レリオ監督最新作『Disobedience(原題)』が、『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』の邦題で2020年2月7日に全国公開されることが決定し、あわせて予告編とポスタービジュアルが公開された。

 イギリス人女性作家ナオミ・オルダーマンの自伝的デビュー作に出会ったレイチェル・ワイズが、プロデューサーとして企画段階から携わった本作は、厳格なユダヤ・コミュニティの中で赦されることのない関係ながらも、運命によって引き寄せられた2人の女性を描いた物語。

 『ナイロビの蜂』で第78回アカデミー賞助演女優賞受賞、昨年は『女王陛下のお気に入り』で第91回アカデミー賞助演女優賞にノミネートされたワイズと、『きみに読む物語』『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』に出演し、『スポットライト 世紀のスクープ』でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされたレイチェル・マクアダムスが主演を務める。

 公開されたポスタービジュアルには、顔を寄せ合うワイズとマクアダムスの姿が切り取られており、「父なる信仰、赦されざる愛」とコピーが綴られている。

『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』予告編

 予告編では、父と信仰を捨てて故郷を去り自立して生きるロニートと、故郷に残りユダヤの掟に従って生きるエスティが、ユダヤ教指導者であるロニートの父の死をきっかけに再会する姿が描かれている。

■公開情報
『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』
2020年2月7日(金)ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー
監督:セバスティアン・レリオ
出演:レイチェル・ワイズ、レイチェル・マクアダムス、アレッサンドロ・ニヴォラ
プロデューサー:フリーダ・トレスブランコ、エド・ギニー、レイチェル・ワイズ
配給:ファントム・フィルム
2017年/イギリス/英語/DCP/カラー/114分/原題:Disobedience/PG12
(c)2018 Channel Four Television Corporation and Candlelight Productions, LLC. All Rights Reserved.
公式サイト:phantom-film.com/ronit-esti

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ