『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』公開前に前2作をおさらいできる特別映像 初公開の場面写真も

『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』公開前に前2作をおさらいできる特別映像 初公開の場面写真も

 12月20日に公開となる映画『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』より、特別映像が公開された。

 本作は、『ボス・ベイビー』のドリームワークスが、“人間とドラゴン”の新たな冒険を描く『ヒックとドラゴン』シリーズ最新作。2010年8月に日本公開された『ヒックとドラゴン』で、バイキング一族の少年ヒックが伝説のドラゴン、ナイト・フューリー“トゥース”を助けたことにより、争いをやめ共存する道をみつけた人間とドラゴンたち。その後、バイキングの長に成長したヒックと相棒トゥースたちが暮らすバーク島は、急激な人口&ドラゴン増加で、遂に定員オーバーに。ヒックとトゥースとその仲間たちが新たな聖地を求めて旅立つ。

『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』予告編

 公開された映像は、過去シリーズを簡単に振り返ることができる『ヒックとドラゴン』シリーズのおさらい映像。シリーズ1作目の『ヒックとドラゴン』では、臆病な少年ヒックと伝説の最強種族のドラゴン”ナイト・フューリー”のトゥースが出会い、人間とドラゴンの新たな友情を見つけ出す物語、そして続く『ヒックとドラゴン2』では、すっかり仲良くなった人間とドラゴンが力を合わせて新たな敵に立ち向かい、ますます絆を深める姿が映し出され、最新作で描かれる、ドラゴンが増え続けて定員オーバーとなったバーク島から、新天地を探し求めて旅立つ物語へと繋がっていく。

 主人公のヒックとその相棒のトゥースに加え、ヒックのガールフレンドで一番の理解者アスティ、ナルシストなスノット、いたずら好きな双子のタフとラフ、体が大きなドラゴンオタクのフィッシュと、個性豊かなキャラクターたちが登場。さらには、時代とともに映像のクオリティーも進化を遂げ、最新作ではドリームワークスが独自で開発した“ムーンレイ”というCG技術によって描かれる映像が大きなスクリーンに広がる。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

■公開情報
『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』
12月20日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
声の出演:田谷隼、寿美菜子、深見梨加、田中正彦、松重豊
製作総指揮:ディーン・デュボア、クリス・サンダース
製作:ボニー・アーノルド
監督&脚本:ディーン・デュボア
原作:『ヒックとドラゴン』クレシッダ・コーウェル著(小峰書店刊)
配給:東宝東和、ギャガ
(c)2019 DreamWorks Animation LLC. All Rights Reserved.
公式サイト:hicdragon.jp
公式twitter:@Dreamworks_JP
公式instagram:@dreamworks_jp

『ヒックとドラゴン』
(c)2010 DreamWorks Animation LLC.All Rights Reserved.
『ヒックとドラゴン2』
(c)2014 DreamWorks Animation LLC.All Rights Reserved.

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる