クリステン・スチュワートがベストセラー作家になりきる 『ふたりのJ・T・リロイ』来年2月公開

 クリステン・スチュワートとローラ・ダーンの共演作『Jeremiah Terminator LeRoy(原題)』が、『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』の邦題で2020年2月14日に全国公開されることが決定し、あわせてポスタービジュアルが公開された。

 本作は、アメリカ文壇に彗星のごとく登場し、時代の寵児となった、映画『サラ、いつわりの祈り』の原作者としても知られる美少年作家J・T・リロイが、ふたりの女性が創り上げた架空の人物だったという一大スキャンダルを、J・Tの分身を担ったサヴァンナの視点から映画化したもの。彼女は、なぜローラに言われるがまま数年間もJ・Tを演じ続けたのか。最初は小さな嘘だったが、何度も演じるうちに“架空”が“リアル”を超え、サヴァンナ自身もJ・T と一体化。ローラの操り人形に過ぎなかったサヴァンナが、やがてひとりで歩き出す。 

 『トワイライト』シリーズ、『チャーリーズ・エンジェル』のスチュワートと、『ワイルド・アット・ハート』『マリッジ・ストーリー』のローラ・ダーンのほか、ダイアン・クルーガー、ジム・スタージェス、コート二ー・ラヴらが脇を固める。ガス・ヴァン・サントが製作総指揮を務めた『I am Michael(原題)』でデビューを飾ったジャスティン・ケリーが監督を務めた。

 公開されたポスタービジュアルでは、サングラスで表情を隠した怪しげな2人の女性の姿が切り取られ、「操り人形のめざめ」というコピーが綴られている。

■公開情報
『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』
2020年2月14日(金)より、シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開
監督・脚本・製作総指揮:ジャスティン・ケリー
原作・脚本・製作総指揮:サヴァンナ・クヌープ
出演:クリステン・スチュワート、ローラ・ダーン、ジム・スタージェス、ダイアン・クルーガー、コートニー・ラヴ
配給:ポニーキャニオン
アメリカ/カラー/108分/スコープ/5.1ch/原題:Jeremiah Terminator LeRoy/字幕翻訳:石田泰子/PG12
(c)2018 Mars Town Film Limited
公式サイト:jtleroy-movie.jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ