Sexy Zone 佐藤勝利×King & Prince 高橋海人は“愛されコンビ”なるか 『ブラック校則』に期待

 これまでシンドラ枠では『孤食ロボット』、『吾輩の部屋である』、『卒業バカメンタリー』、『◯◯な人の末路』、『トーキョーエイリアンブラザーズ』、『部活、好きじゃなきゃダメですか?』、『節約ロック』、『頭に来てもアホとは戦うな!』、『簡単なお仕事です。に応募してみた』と個性的な作品が続いてきたが、各作品ともに共通しているのは演者の新しい魅力が引き出されたことではないだろうか。例えば、前作の『簡単なお仕事です。に応募してみた』。Snow Man・ラウールは初のドラマ出演にて初主演にもかかわらず堂々たる演技を見せ、ファン以外からも大きな評価を得ていた。結果、10月クールのドラマ『決してマネしないでください。』(NHK総合)にも3番手として出演が決まっている。演者たちの新しい魅力に注目できることこそ、シンドラ枠の醍醐味かもしれない。

 『ブラック校則』も然りだ。第1話は創楽と中弥が語り合う中でストーリーが進んでいったが、シリアスなドラマの雰囲気の中、佐藤のヘタレ演技が際立っていた。SixTONES・田中樹演じる生徒会副会長の松本ミチロウに楯突くシーンでは分かりやすく不貞腐れ、校則を強要する教師に反抗するシーンではやけくそ感がにじみ出ていた。『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』(日本テレビ系)でも片鱗が見られたが、佐藤のヘタレ演技は逸品である。また、毎度のことながら経験が少ない高橋の演技力にも度肝を抜かれる。『痛快TVスカッとジャパン』(フジテレビ系)内の再現VTRやドラマ『部活、好きじゃなきゃダメですか?』(日本テレビ系)で見せた演技が好評を得ていたように、彼の演技からは経験の少なさを感じないのである。

 顔面国宝と称されるクールなイメージを持つ佐藤のヘタレ演技、演技経験の少なさを感じさせずに自由奔放さを表現する高橋の演技、同作を通してより多くの人に伝わることとなるのではないだろうか。同プロジェクトから目が離せない。

(文=高橋梓)

※高橋海人の「高」の字ははしごだかが正式表記。

■公開情報
『ブラック校則』
【映画】11月1日(金)全国公開
【ドラマ】日本テレビにて、10月14日(月)深夜24:59~放送スタート
【Hulu】10月14日(月)よりオリジナルストーリー配信
出演:佐藤勝利(Sexy Zone)、高橋海人(King & Prince)、モトーラ世理奈、田中樹(SixTONES)、箭内夢菜、堀田真由、葵揚、水沢林太郎、成海璃子、片山友希、吉田靖直、戸塚純貴、薬師丸ひろ子、でんでん、光石研、星田英利、坂井真紀ほか
脚本:此元和津也
監督:菅原伸太郎
プロデューサー:河野英裕、長松谷太郎、大倉寛子
企画製作:日本テレビ/ジェイ・ストーム
制作プロダクション:AXON
配給:松竹
(c)2019日本テレビ/ジェイ・ストーム
公式サイト:bla-kou.jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ