『ボーダー 二つの世界』本編映像公開 主人公ティーナの隠された特殊能力が明らかに

『ボーダー 二つの世界』本編映像公開 主人公ティーナの隠された特殊能力が明らかに

 全国公開中の映画『ボーダー 二つの世界』より、本編映像が公開された。

 本作は、イラン系デンマーク人の新鋭アリ・アッバシ監督と、“スウェーデンのスティーヴン・キング”と称され、『ぼくのエリ 200歳の少女』の原作者としても知られるヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストが自身の原作をもとに監督と共同で脚本を手がけたミステリー。第71回カンヌ国際映画祭ある視点部門グランプリ受賞に加え、第54回スウェーデン・アカデミー賞では作品賞ほか最多6部門を受賞、本年度アカデミー賞スウェーデン代表作品にも選出され、メイクアップ&ヘアスタイリング賞でオスカーノミネートを果たした。

『ボーダー 二つの世界』本編映像

 公開された本編映像では、勤務先の税関で嗅覚だけを頼りに、スマホのメモリーカードに保存された児童ポルノのデータを突き止めたティーナが、後日、地元の警察から呼び出しを受け、捜査官にその方法や自身が持つ「羞恥や罪悪感や怒りを嗅ぎ取れる」という特殊能力について語る場面が描かれている。

 ティーナの能力を聞いた捜査官は、捜査の状況を詳しく説明していく。意図がつかめず困惑気味のティーナに対して、捜査官は、改めて「本当に人の感情を嗅ぎ取れるの?」と聞き直す。こうしてティーナは犯人摘発のための家宅捜索に協力することになるが、この事件捜査は、思わぬ形でティーナ自身に関係していくことになる。

 このシーンを含め、映画で繰り広げられる児童ポルノ捜査のくだりは原作にはない映画オリジナルのサブ・プロット。アッバシ監督の強い希望により追加されたもので、その理由について監督は、「この原作は『ぼくのエリ 200歳の少女』ほど精巧ではなかったが、ジャンルの要素に加えて、物語がさらに面白くなる追加材料を全て持っていると感じた。それで、僕たちはこの映画にもっと暗い部分があることを望み、犯罪捜査のサブ・プロットを新しく追加したんだ」と語っている。

 この追加要素が、ティーナの私的な物語として展開される原作とは打って変わって、作品に圧倒的なダイナミズムをもたらすことに成功している。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

■公開情報
『ボーダー 二つの世界』
ヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国公開中
監督・脚本:アリ・アッバシ
原作・脚本:ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト
配給:キノフィルムズ
2018年/スウェーデン・デンマーク/スウェーデン語/110分/シネスコ/DCP/カラー/5.1ch/原題:Grans/英題:Border/字幕翻訳:加藤リツ子/字幕監修:小林紗季/R18+
(c)Meta_Spark&Karnfilm_AB_2018
公式サイト:border-movie.jp
公式Twitter:@border_movie_JP

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ