『スター・ウォーズ』パルパティーン登場の意味とは? ダークサイドの歴史から考える 

『スター・ウォーズ』パルパティーン登場の意味とは? ダークサイドの歴史から考える 

 今年最大の注目作にして、物語の完結編となる『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(2019)。監督のJ・J・エイブラムスが語っているように、この映画はアナキン、ルーク、そしてベン・ソロという、スカイウォーカーの一族による壮大な神話の最終章だ。『スター・ウォーズ/新たなる希望』(1977)から紡がれてきた、42年にわたる歴史が、終わりを迎えようとしている。監督の交代劇、レイア役キャリー・フィッシャーの急死など、さまざまなトラブルに見舞われたものの、制作は順調に進み、いよいよその全貌が明らかになろうとしている。

 今年の4月にシカゴで開催されたファンイベント「スター・ウォーズ・セブレーション」の会場で、今作のトレイラーが初公開された。それとともに、イアン・マクダーミドが演じるダース・シディアス/パルパティーン皇帝の復活が電撃的に発表された。予告編の最後に流れる不気味な高笑いは、紛れもなくシディアスの声である。

 ファンの興奮が冷めやらぬ中、8月に公開されたトレイラー第2弾では、「Your journey nears its end.(お前の旅は……間もなく終わる)」という、シディアスの意味ありげな台詞も収録されている。ここでいう「Your(お前)」とは果たして誰を指しているのか。レイなのか、カイロ・レンか、はたまたルークのことだろうか。こうした考察もまた一興ではあるが、それはまた別の機会に。ここでは、『スター・ウォーズ』シリーズの最大のヴィランであるパルパティーンを紐解くことで、未だ全貌を明らかとしない『スカイウォーカーの夜明け』のベールを剥がしていきたい。

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』特別映像


 パルパティーンは『スター・ウォーズ/シスの復讐』(2005)の中で、アナキンに対して、シスの暗黒卿ダース・プレイガスの話をする。プレイガスはフォースを駆使し、ミディ=クロリアンを操ることで、死の淵にいる者を救うことができたのだと。そして、プレイガスはその知識のすべてを弟子に授けたという。しかし不幸なことに、プレイガスは弟子によって殺されてしまう。その弟子というは、何を隠そうパルパティーンのことである。シスは常に2人(師と弟子)で行動すべきというシスの古来の掟がある中、パルパティーンは眠っているプレイガスを殺害した。その後、パルパティーンはザブラク(という種族)のダース・モールを正式な弟子として迎え入れたのだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ