映画版『ダウントン・アビー』来年1月公開決定 クローリー家が国王夫妻訪問に沸き立つ予告編も

 イギリスの人気ドラマ『ダウントン・アビー』の映画版が、2020年1月10日よりTOHOシネマズ日比谷ほかにて全国ロードショーされることが決定し、あわせて予告編とポスタービジュアルが公開された。

 本作は、2010年9月の放送開始以来、ゴールデングローブ賞やエミー賞に輝き、世界200以上の国と地域で大ヒットしたドラマシリーズを映画化したもの。ドラマでは、20世紀初頭を舞台に大邸宅“ダウントン・アビー”で暮らす貴族クローリー家とその使用人たちの生活を描いた。映画の舞台は、テレビシリーズ最終回から2年後の1927年。英国国王夫妻の「ダウントン・アビー訪問」という一大事に、グランサム伯爵家の長女メアリーはかつての執事カーソンと共に、パレードや豪勢な晩餐会の準備にあたる。そんな中、一族やメイドたちのスキャンダル、ロマンス、陰謀が次々と明るみに。メアリーは重要な決断を迫られることになる。

 ドラマに引き続きアカデミー賞脚本賞受賞のジュリアン・フェローズが脚本を手がけ、アカデミー賞受賞のマギー・スミスほかテレビシリーズから引き続きおなじみのヒュー・ボネヴィル、ジム・カーター、ミシェル・ドッカリー、エリザベス・マクガヴァーンが出演。さらに、イメルダ・スタウントンが映画版で初登場し、スミスとのかけ合いを見せる。

 公開されたポスタービジュアルでは、「皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げております」のコピーとともに、イングランド北東部・ヨークシャーのダウントン村にある壮麗な大邸宅「ダウントン・アビー」に住むグランサム伯爵家、従事する使用人たちが一堂に会する様子が切り取られている。

『ダウントン・アビー』予告

 予告編では、ロイヤルファミリーの滞在に沸き立つクローリー邸のなつかしい面々の姿が描かれており、豪華な屋敷や衣装の数々も確認できる。

■公開情報
『ダウントン・アビー』
2020年1月10日(金)、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
監督:マイケル・エングラー
脚本:ジュリアン・フェローズ
出演:ヒュー・ボネヴィル、ジム・カーター、ミシェル・ドッカリ―、エリザベス・マクガヴァーン、マギー・スミス、イメルダ・スタウントン、ペネロープ・ウィルトン
配給:東宝東和
スコープサイズ/ドルビーデジタル/2019年/イギリス・アメリカ/原題:Downton Abbey/字幕翻訳:牧野琴子
(c)2019 Focus Features LLC and Perfect Universe Investment Inc.
公式サイト:downtonabbey-movie.jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる