玉城ティナが伊藤健太郎に墨汁を浴びせる 『惡の華』 メイキング映像公開

玉城ティナが伊藤健太郎に墨汁を浴びせる 『惡の華』 メイキング映像公開

 全国公開中の伊藤健太郎主演映画『惡の華』より、メイキング映像が公開された。

 本作は、『別冊少年マガジン』に2009年から5年間に渡って連載され、「このマンガがすごい!2011」オトコ編の10位にランクイン、「マンガ大賞2012」にもノミネートされた押見修造の同名コミックを実写映画化したもの。連載中の2013年にはテレビアニメ化、2016年には舞台化を果たし、数多くの映画化のオファーを受け、原作者からの逆指名で『片腕マシンガール』『覚悟はいいかそこの女子。』の井口昇監督がメガホンを取ることになった。脚本は『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』や『心が叫びたがってるんだ。』の岡田麿里が担当した。

『惡の華』メイキング映像

 公開されたメイキング映像では、本作を語る上で最も重要なシーンの一つで、原作ファンからも注目度が高い夜の教室での撮影現場が映し出されている。主人公・春日高男を演じる伊藤が、スタッフから手持ちのカメラを受け取り、本番前のリハーサルに挑む仲村佐和役の玉城ティナを映す。床に突っ伏したスタッフに墨汁を浴びせるという難しい演技にもかかわらず、一発で完璧にこなした玉城。カットがかかると、すかさず「さすが! やり慣れてる!(笑)」と声をかける伊藤に、玉城は「できましたー!」と茶目っ気たっぷりにおどけ、劇中の仲村とは違うリラックスした表情も確認できる。

 テストの後の本番では、墨汁をかけられる伊藤は、玉城から「頑張れ!」というエールをもらい気合いを入れて集中力を高めつつ、スタッフに対して「いいですか? (墨汁が)ついてない顔はもう撮らなくて?」と発言する様子も映し出されている。

■公開情報
『惡の華』
TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開中
監督:井口昇
脚本:岡田麿里
原作:押見修造『惡の華』(講談社刊)
出演:伊藤健太郎、玉城ティナ、秋田汐梨、飯豊まりえ 
製作:ハピネット、NTTぷらら、ファントム・フィルム、角川大映スタジオ
製作幹事:ハピネット
共同幹事:NTTぷらら
製作プロダクション:角川大映スタジオ
配給・宣伝:ファントム・フィルム
(c)押見修造/講談社(c)2019映画『惡の華』製作委員会
公式サイト:akunohana-movie.jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ