『ボイス』増田貴久は、本当にただの裏切り者なのか? シリアルキラー・伊勢谷友介がついに動く

『ボイス』増田貴久は、本当にただの裏切り者なのか? シリアルキラー・伊勢谷友介がついに動く

 雫の行動は止まることなく、ついには樋口とひかりのいる港東署へ。雫の声を聞いた瞬間に震え上がるひかりの姿を見て興奮しているのも、ふたりに正体が知れたところで絶対に捕まらない自信があるというのも、なんとも嫌らしいテクニックだ。また、雫を見て顔を強張らせる透の姿からは、ただならぬ恐怖感が感じ取れる。

 透が内通者として情報を流していたのはほぼ確実ではあるが、単なる裏切り者ではなく、やはり雫に怯えてやっているということが見ていてわかるだろう。検察から起訴されそうになる樋口を救ったり、襲われそうになった大樹(鳥越壮馬)を助けたりと、それはこれまでの行動を見ても明らかだ。次回予告にて「怖かったんですよ!」と叫ぶ透がどんな理由で雫に協力することになってしまったのか、彼を巨大な闇のしがらみから解放してあげられるのは、きっと樋口しかいないはずだ。これまでのように、樋口と透の信頼関係が事件を解決へと導く展開に期待せずにはいられない。

■原航平
ライター/編集者。1995年生まれ。映画、ドラマ、演劇など、とにかく物語と役者に興味津々。大学時代の卒業論文の題材は「疑似家族を描く日本映画について」。Twitterブログ

■放送情報
『ボイス 110緊急指令室』
日本テレビ系にて、毎週土曜22:00〜放送
出演:唐沢寿明、真木よう子、増田貴久、木村祐一
原作:“Based on the series “Voice”, produced and distributed by Studio Dragon Corporation and CJ ENM Co., Ltd”
脚本:浜田秀哉
音楽:ゲイリー芦屋
演出:大谷太郎、久保田充
チーフプロデューサー:池田健司
プロデューサー:尾上貴洋、後藤庸介(日テレアックスオン)
制作協力:日テレアックスオン
製作著作:日本テレビ
(c)日本テレビ
公式サイト:https://www.ntv.co.jp/voice/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる