全インド人のスマホが合体して街に襲いかかる ラジニカーント主演『ロボット2.0』10月公開

 インドのスーパースター・ラジニカーントが贈る『ロボット2.0』が10月25日より公開されることが決定し、ティザービジュアルが公開された。

 本作は、2009年に南インドのタミル映画として公開され、インド史上最高の興行収入をたたき出し、日本でも公開された『ロボット』の続編。『バーフバリ』が記録していたインド史上最高額の製作費を超える規模で製作され、約6000スクリーンで公開され大ヒットした。

 監督は『ロボット』を生み出したインド映画界のヒットメーカー、シャンカルが続投。音楽は『スラムドッグ$ミリオネア』などアカデミー賞2度の栄冠に輝くA・R・ラフマーン、衣装デザインは『バットマン リターンズ』『メン・イン・ブラック』などを手がけたメアリー・E・ヴォクト、『アベンジャーズ』『ジュラシック・ワールド』のVFXを務めたレガシー・エフェクツが特殊メイクとアニマトロニクスを担当する。

 主演を務めるのは、前作に引き続き、インドのスーパースター、ラジニカーント。『ムトゥ 踊るマハラジャ』でインド映画ブームを起こした張本人が、天才博士バシーと最強ロボのチッテイの1人2役をこなす。『パッドマン 5億人の女性を救った男』主演のアクシャイ・クマールが、バシー博士の宿敵となるスマホロボットに扮する。また、ミス・ティーンワールド2009年グランプリのイギリス人女優、エイミー・ジャクソンが絶世の美人ロボット・ニラーを演じる。

 バシー博士が今回戦う相手は、全インド人のスマホ。突如街中からスマホが次々と失踪し、それらは合体して意思を持つ巨大なロボットに姿を変え、人々に襲い掛かる。インドの街が崩壊の危機にさらされ、ついに解体されたロボット、チッテイはスーパーパワーを身に着けたバージョン2.0として再起動する。

 公開されたティザービジュアルでは、世界最強のおじさんロボットのパワーアップバージョン、赤髪リーゼントの2.0が初お披露目。今にも乱射し出しそうな無数の2.0軍団が写し出されている。

■公開情報
『ロボット2.0』
10月25日(金) 新宿ピカデリーほか全国公開
監督・脚本:シャンカル
音楽:A・R・ラフマーン
VFX:レガシー・エフェクツ
衣裳デザイン:メアリー・E・ヴォクト  
出演:ラジニカーント、アクシャイ・クマール、エイミー・ジャクソン
配給:アンプラグド・KADOKAWA
2018年/インド/147分/5.1ch/シネスコ/カラー/日本語字幕:吉田裕子/字幕監修:深尾淳一
(c)2018 Lyca Productions. All rights reserved.

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ