>  > 『守護教師』怒りをこらえるマ・ドンソク

マ・ドンソクが怒りをこらえ拳を固く握りしめる 『守護教師』で見せたスーパーヒーローではない姿

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『無双の鉄拳』や『神と共に 第二章:因と縁』など、出演作が続々と日本で公開されているマ・ドンソク。8月にも、主演作『守護教師』が公開となる。

 本作でマ・ドンソクが演じるのは、元ボクサーながらも、腐敗したボクシングジムの在り方に嫌気がさし、副会長を殴ってコーチの職を失う主人公・ギチョルだ。この冒頭のシーンで、ギチョルという人が、理不尽なことには黙っていられない人物だとわかる。

 そんなギチョルだが、ある女子高校の教師となる。いきなり女子高校で働くこととなったギチョルは、女子生徒からも「変なおじさん」「見た目からしてヤクザね」などと言われ、学生たちから授業料を徴収する役割をしていても、まともに相手にもされないのだが、そんな状況で、やれやれと困った顔をして、ぶつくさとボヤいているマ・ドンソクが妙に愛らしい。

 そんな中、ギチョルは、スヨンという生徒の失踪を知る。彼女の親友のユジンはチラシを掲示板に貼ったり、スヨンの祖母のところにも足しげく通うなど、失踪した親友のことをひと時も忘れず過ごしていた。

 ときにユジンは、危険を顧みず、スヨンの足取りを追ってマフィアが経営する店にも近づく。ユジンを追ううちに、ギチョルはある真実に近づいていき、町に巣食う理不尽な存在に気付くのだった。

 このユジンを演じるのが、『アジョシ』『私の少女』や『悪魔は闇に蠢く』のキム・セロン。彼女はいつ見ても、大変なものを背負わされ、そして大変なめにあってしまう少女を演じている気がするが、本作でもやはりユジンは重い役を演じていた。今回、彼女が演じたのは、親友を行方不明で失い、危険を顧みず真相を追う役柄だ。放課後に友人と明るくショッピングしたりカフェでおしゃべりをするようなシーンはなく、そして事件を追ううちに自らも危険にさらされてしまうのだが、抑えた演技の中で、こちらにいろいろなものを察することができるような、多くを語らぬ中にも説得力があると、今回も思えた。

 スヨンやユジンに起こることは壮絶であるが、救われるのは、マ・ドンソクがタイトルの通り、彼女を「守護」しながらも、「教師」であるという顔を崩さないところ。例えば、キム・セロン演じるユジンを夜の街から助け出すときに腕を掴むシーンに男女の関係性は見えないが、心底心配している様子は見える。マ・ドンソクから見えてくるものは、あくまでも彼女を守る教師としての愛情だと思えた。

      

「マ・ドンソクが怒りをこらえ拳を固く握りしめる 『守護教師』で見せたスーパーヒーローではない姿」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版