>  >  > 『なつぞら』広瀬すずの断ち切れない恋心

広瀬すずの断ち切れない恋心 『なつぞら』それぞれの恋路に動き

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『なつぞら』(NHK総合)第93話でなつ(広瀬すず)は困惑していた。坂場(中川大志)はなつを見つめて「一緒につくりたいんです」「一生をかけても、あなたと作りたいんです」とまっすぐな思いを伝えた。なつはその言葉をどう受け止めるべきか悩んでいるようだ。

 休日、なつは夕見子(福地桃子)を誘い、雪次郎(山田裕貴)のもとへ向かう。夕見子は、雪次郎となつに好きな人はいないのかと問いかけた。雪次郎は劇団の看板女優・亀山蘭子(鈴木杏樹)に憧れていると話すが、なつは2人から「もしかして一久さん!?」と問われると「違う!」と焦ったように声をあげた。

 だが、その後の台詞が、なつの心に残るわだかまりを表す。「今は、絵でつながっている人がいるだけで充分だ」。なつは天陽(吉沢亮)を想い続けている。雪次郎はなつに「あいつはもう人の旦那だ」と言い、夕見子から「傷口に塩塗っただけ」とツッコミを入れられる。だが、天陽の結婚を受け入れられないことに一番モヤモヤしているのは、紛れもなくなつ本人だ。

      

「広瀬すずの断ち切れない恋心 『なつぞら』それぞれの恋路に動き」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版