>  >  > 中村倫也は“空気を作る”人?

『凪のお暇』現場の中村倫也は“空気を作る”人? 黒木華「歌いながら入ってきたり」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 7月15日、ラフォーレミュージアム原宿で19日よりスタートする金曜ドラマ『凪のお暇』(TBS系)の特別試写会&舞台挨拶が行われ、黒木華、高橋一生、中村倫也が登壇した。

 原作は月刊誌「Elegance イブ」(秋田書店)で連載中の同名漫画。空気を読んで他人の目を気にしすぎる28歳のOL・大島凪(黒木)が、あることを機に、会社、彼氏、部屋、SNSなど、ありとあらゆるものを捨て、人生をイチからやり直す人生リセットストーリー。凪の元カレ・我聞慎二を高橋、凪のアパートに住む謎の隣人・安良城ゴンを中村が演じる。

 黒木は原作漫画を読んだ上で撮影に挑んでおり、「リアルで発せられるセリフは“ズシン”と思う箇所が結構ありましたね」と、ブラックな側面を持つ慎二役の高橋をチラリ。高橋も「慎二が登場する時は、サイコな感じですよね」と苦笑いし、中村も「オンエアしたら“#慎二やべぇ”が流行るんじゃないか」と笑顔を見せた。

黒木華

 凪との共通点について聞かれた黒木は、熟考の末に「私も天パーなんです」と告白。撮影時の困りごともフワフワヘアだといい「湿気でへたってきちゃう。あと、私は異常に髪が伸びるのが早いので、(劇中で髪の長さが)繋がってないかも」と恐縮気味。そんな黒木を中村が「いいんだよ、そんなの気にしなくて。繋がりとか気にしなくていいから」と男気たっぷりにフォローした。

中村倫也

 今作で中村と高橋は、事実上の初共演。中村は高橋に「兄貴です」と信頼の眼差しを向け、「寡黙な方だと思ったら、すごくフランクで現場の空気を循環させてくれる」とも。一方の高橋も「最初からゴンくんとして居てくれて、お芝居を委ねやすいですね」と、相性の良さをのぞかせた。

高橋一生

      

「『凪のお暇』現場の中村倫也は“空気を作る”人? 黒木華「歌いながら入ってきたり」」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版