>  >  > 夏ドラマのアラサーヒロインを考察

『偽装不倫』『凪のお暇』など女性向けコミック原作に期待? 夏ドラマのアラサーヒロインを分析

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 いよいよ今週からスタートする7月クールの連続ドラマ。昭和の昔からこのクールは、男性アイドルたちが夏のコンサートツアーを行うためドラマ出演を控え、代わりに女優の主演ドラマが増える傾向があるが、例に漏れず、今年も女性が主人公の作品が多くラインナップされた。ゴールデンタイムでは、上野樹里主演の月9『監察医 朝顔』(7/8月曜スタート、フジテレビ系)を皮切りに、石原さとみ主演の『Heaven?~ご苦楽レストラン~』(7/9火曜スタート、TBS系)、杏主演の『偽装不倫』(7/10水曜スタート、日本テレビ系)、黒木華主演の『凪のお暇』(7/19金曜スタート、TBS系)と続く。いずれも漫画原作である。それに小説原作で深田恭子主演の『ルパンの娘』(7/11木曜スタート、フジテレビ系)が加わる。今回は、女性向けコミックが原作で、今どきのアラサーの生き方を描いた『偽装不倫』と『凪のお暇』について期待も込めて分析してみたい。

 『偽装不倫』の原作は『東京タラレバ娘』(日本テレビ系)の東村アキコ。恋愛に振り回される女性の赤裸々な心情を描かせたら当代一で、好きな相手の一番になれない女たちを描いた『東京タラレバ娘』と同じように、杏が演じる主人公の鐘子も、婚活を3年もしたのに収穫ゼロという“非モテ”のコンプレックスを抱えている。しかし、婚活をすっぱり止め、派遣社員の契約も切れたタイミングで、福岡に人生のリセット旅行へ。その往路の飛行機で出会ったイケメンカメラマン・伴野丈(宮沢氷魚)に、自分が既婚者だと嘘をつくと、「不倫しませんか?」と誘われる。「結婚している」ことにしたほうが、彼を狙っていると思われないのではないかと考えた鐘子。そして、丈が普通の恋愛ではなく不倫をしたがっているように見え、ますます嘘だったとは言えなくなってしまう。このシチュエーションがまず面白い。鐘子は丈にひと目ぼれしたのに、素のままの自分では彼と対峙できない。「結婚して夫がいる自分」を演じることで初めて、衝動的な恋愛に飛び込めるのだ。このこじらせぶりがいかにも東村作品らしい。

 鐘子は既婚者という嘘をついたために、人生が変わっていく。それに対して、『凪のお暇』の主人公、凪(黒木華)は「嘘をついていた自分」を捨てることで、人生をリセットしようとする。それまでの凪は家電メーカーに勤め、控えめな存在ながらも職場に溶け込んで女性同士の付き合いも欠かさず、SNSでも「いいね!」を押し続けていた。さらに営業部のエースである慎二(高橋一生)ともひそかに社内恋愛をし、リア充ワールドに生息していたのだが、それは必死で空気を読み続け、無理に無理を重ねないとキープできない現実だった。結局、同僚にはライトにいじめられ、彼氏の慎二も信じられなくなり、凪は会社を辞めて姿をくらましてしまう。

 原作漫画もそうだが、ドロップアウトした凪の姿はかなりのインパクト大。会社にいたときは毎日ヘアアイロンをかけてサラサラのストレートヘアにしていたが、本当はくるくるの天然パーマで、まるで『アフロ田中』のようだ。引っ越したアパートは東京郊外の6畳1間で、『聖☆おにいさん』のイエスとブッダが住んでいてもおかしくない風情。そこで、凪は怪しげな自由人、イベントオーガナイザーのゴン(中村倫也)と隣室になり、彼と急接近していく。しかし、元カレの慎二も凪を追ってくるので、凪は過去を断ち切れず、心を揺らすことになる。

      

「『偽装不倫』『凪のお暇』など女性向けコミック原作に期待? 夏ドラマのアラサーヒロインを分析」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版