>  >  > 広瀬すずが往年の名台詞を!

「やなヤツ! やなヤツ! やなヤツ!」 『なつぞら』広瀬すずが中川大志に向けた往年の名台詞

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 かつての演劇への熱い想いが再燃し、一大決心をした雪次郎(山田裕貴)。彼の故郷の家族のことをよく知るなつ(広瀬すず)は、当然のことながら猛反対するのだ。

 連続テレビ小説『なつぞら』(NHK総合)第73話では、雪次郎の固い意志が明らかとなり、一方のなつは、新キャラ・演出助手の坂場(中川大志)に、どこか惹かれ始めている様子が描かれた。

 熱い想いを胸に、演劇に没頭していた高校時代の雪次郎。ここまで『なつぞら』を見続けてきた方ならば、彼のそんな姿をご存知だろう。そしてまた、そんな彼が東京で素晴らしい演劇作品と出会い、身近に演劇人がいる環境で過ごしているのだとあれば、再び演劇の道を志してもなんら不思議ではないのだ。“舞台には魔物がいる”とはよく言われる話である。

 さて、この雪次郎をなつは説得するが、彼の意志は固い。「風車」にて、兄の咲太郎(岡田将生)や歌手のカスミ(戸田恵子)に助けを求めるが、みな雪次郎側についてしまう。それはそうだろう。ここにいる誰もが、雪次郎の故郷のことなんて知らない。彼らの発言は無責任でいい気なもんだが、しかし咲太郎の口にした「雪次郎がどう生きるかは、家族ではなく、雪次郎が決めること」というのもまた納得できる。ただ、みなが口を揃えて言うように、雪次郎は真っ先に相談すべき相手に相談できていない。それはもちろん故郷の家族であり、とくに父の雪之助(安田顕)である。このあたりが、まだ雪次郎の甘いところだろう。親を裏切る決心をしていながらも、一番大切なことから逃げてしまっているのだ。この騒ぎは、まだまだ続きそうである。

      

「「やなヤツ! やなヤツ! やなヤツ!」 『なつぞら』広瀬すずが中川大志に向けた往年の名台詞」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版