『なつぞら』清原翔×北乃きいが初めて結ばれたカップルに 一方、あまりに切ない天陽の涙

『なつぞら』清原翔×北乃きいが初めて結ばれたカップルに 一方、あまりに切ない天陽の涙

 『なつぞら』(NHK総合)が、第10週「なつよ、絵に命を与えよ」より、なつのアニメーターとしてのストーリーに入った。

 昭和31年10月、北海道から上京したなつ(広瀬すず)は、結果的に半年余りで東洋動画に入社することになる。「ようこそ、アニメーションの世界に」ーーアニメーターを目指す理由を作った仲(井浦新)に歓迎されるなつ。作画課で拾った画を描き写しその技術を学ぼうとしたのをきっかけに、仕上げ課にいるなつが特別にアニメーターになる試験を受けさせてもらえることとなる。そこで出会うのが仲をサポートする麻子(貫地谷しほり)。見てくれだけでなつを判断していた麻子が「白娘の気持ちになっているうちにそうなったんです」という、彼女の魂の込もった熱い感情、センスを滲ませていることに気づき、徐々に目の色、表情を変えていく。

 “朝ドラ受け”でお馴染みの『あさイチ』(NHK総合)で博多華丸・大吉の2人は、なつと麻子を『半分、青い。』(NHK総合/2018年)のやがて掛け替えのない大親友に変わっていく鈴愛(永野芽郁)と裕子(清野菜名)に例えていた。ほかにも、仲がなつをランチに誘う喫茶リボンが、どこか『ひよっこ』(NHK総合/2017年)のすずふり亭を思い起こさせる作りだったりと、100作目の名に恥じないこれまでの朝ドラをイメージさせる要素が盛り込まれている週でもある。

 第10週でなつたちが手がける長編アニメ映画『白蛇姫』は、なつが高校時代に演劇大会で題材にしていた物語でもある。その顧問だった倉田先生(柄本佑)は、十勝の森に住む砂良(北乃きい)を白蛇の化身のモデルとしていたが、この週のラスト第60回で砂良はなつのもう1人の兄・照男(清原翔)からプロポーズを受け、見事結ばれることとなる。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ