>  >  > 『なつぞら』清原翔の“佇まいだけで魅せる”表現力

清原翔の“佇まいだけで魅せる”表現力 『なつぞら』で俳優としての真価が問われる?

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 怒涛の展開が続く『なつぞら』(NHK総合)に、ヒロイン・なつ(広瀬すず)の兄役で登場する清原翔。草刈正雄扮する祖父・泰樹に似たのか、清原の演じる照男にはどこか寡黙な印象があったものだが、ようやく彼の性格が掴めてきた。

 清原といえば、2013年より「MEN’S NON-NO」(集英社)の専属モデルとして活躍する存在である。現在も同誌の“顔”の一人でありながら、その一方で、2015年のCMへの出演を皮切りに、ドラマ、映画と、俳優活動も展開させてきた。彼の演じ手としてのキャリア自体は比較的まだ短いものの、“佇まいだけで魅せる”ことに長けている印象が非常に強い。放映中の日本経済新聞のCMでの彼の姿を思い出してみても、数少ないセリフ量であるのにもかかわらず、つい見入り、聞き入ってしまうという方も多いはずだ。やはり、モデル出身者ならではの成せる所業なのだろうか。

 昨年の下半期には『忘却のサチコ』(テレビ東京系)、『深夜のダメ恋図鑑』(ABCテレビ・テレビ朝日系)、『PRINCE OF LEGEND』(日本テレビ系)といった深夜ドラマに数多く出演し、着実に俳優としての階段を上がってきた。今年はすでに、前出の『PRINCE OF LEGEND』の劇場版でも顔を見せ、そのうえ、朝ドラへもレギュラー出演しているというのだから、俳優としての階段を“駆け上がってきた”と言う方が適切だろう。

      

「清原翔の“佇まいだけで魅せる”表現力 『なつぞら』で俳優としての真価が問われる?」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版