>  > 『月極オトコトモダチ』徳永えり×監督対談

『月極オトコトモダチ』徳永えり×穐山茉由監督に聞く、“男女の友情”はあり得るのか?

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 音楽×映画の祭典「MOOSIC LAB 2018」で長編部門グランプリを含む4冠に輝いた映画『月極オトコトモダチ』が、6月8日に公開された。本作は、アラサー女性編集者の望月那沙、那沙がレンタルした“オトコトモダチ”の柳瀬草太、そして那沙のリアル“オンナトモダチ”珠希の関係性を描いたラブコメディだ。

 本作の監督を務めたのは、現在もファッション業界で会社員として働く、本作が長編デビュー作となった穐山茉由。リアルサウンド映画部では今回、那沙役で主演を務めた徳永えりと穐山監督にインタビューを行い、作品が生まれた背景から、それぞれの恋愛観についてまで、話を聞いた。【インタビューの最後には、サイン入りチェキプレゼント企画あり】

穐山「人が隠しながら持っている根本的な欲望にドラマがある気がした」

ーー第31回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門での上映、MOOSIC LAB 2018での長編部門グランプリを含む4冠受賞を経ての劇場公開となります。

徳永えり(以下、徳永):本当にありがたいことです。MOOSIC LABではまさかグランプリをいただけるとは思っていなかったんですけど、上映してからお客さんの反応を見て、「あれ、これはもしかしたら……」と教えていただいたような感じがあって。お客さんが楽しんでくださったからこそ、今回の劇場公開にも繋がった気がしているので、すごく感謝しています。

ーー徳永さんの出演はどのような経緯で決まったんですか?

穐山茉由(以下、穐山):自主映画なので、最初は「出てくれないだろうな……」とは思ったんですけど、図々しくダメ元で聞いてみることにしたんです。そしたら、マネージャーさんも含めてこの企画に乗ってくださって。第一希望が叶って、本当にありがたいなと思いました。

徳永:こちらこそお話をいただけてありがたかったです。私がお話をいただいたときはまだ脚本ができていなくてプロットだけだったんですけど、この答えのない“オトコトモダチ”という関係をどういうふうに描いていくんだろうというところに興味を惹かれました。あと、監督自身にもすごく興味があって……(笑)。

ーーファッション業界で会社員として働きながら映画学校に通って映画を学び、今回の作品で長編デビューと。

徳永:「会社員なの!?」って(笑)。私と年齢が近くて、今回が長編監督初めてで、脚本もご自身が書かれる……「これは一体どういうことだろう?」と思いました。穐山さんが映画監督になった経緯を聞いた時に、「そういう方がこの題材で映画を撮るのは面白くならないわけがない」と思ったんです。私も“その答えのないもの”にチャレンジしたいなと思い、ありがたく引き受けさせていただきました。

ーー確かに“レンタル友達”を題材にした映画は珍しいですよね。

穐山:「SNSで友達がたくさんいるように見せるために友達を雇う人がいる」という記事を読んで、ものすごく面白いなと単純に興味を持ったのがきっかけでした。「何でそこまでして友達がほしいんだろう?」「友達ってなんだろう?」と、レンタル友達そのものと、それを雇う人の気持ちが気になって、人と人が“知り合い”から“友達”になる過程、何が行われて、どういう共通認識で友達になるのかを描きたいと思いました。私自身、友達を作るのが本当に苦手なタイプなので……。

ーーそういう記事を読んだのがきっかけだったんですね。

穐山:記事を読んでものすごく興味を持って、人が隠しながら持っている根本的な欲望みたいなものが描けるかもしれないと。そこにドラマがある気がして、レンタル友達という題材にしたんです。

徳永:実際にレンタルなさったんですよね。

ーーそうなんですか?

穐山:30歳くらいの男性、柳瀬とほぼ一緒の設定でレンタルしてみました。一応、容姿もリクエストすることができたんですけど、あまりイケメンだと私が緊張しちゃうので、「イケメン過ぎず話しやすい方」でリクエストしました(笑)。友達になる過程をスキップできるのはラクですけど、お金を払うことによってそれを得るのは虚しいなと正直思いました。ただ、安心して話せてしまった部分もあるんですよね。私の言うことを全部受け入れてくれるので。それによって、普段人と接している時に、「この人にこう思われちゃったな」とか「こんなこと言ったら嫌われちゃうかな」とか「私はこう見られたいな」ということを考えながら生きているんだということを逆に実感しました。そうやって普段は少なからず何かしら忖度しながら人と接しているはずなんですけど、それがないのは不思議な感覚でした。

ーーレンタル友達はわりといいものだったと。

穐山:レンタル友達自体は楽しいですけど、実際にレンタルし終わった後はすごく虚しくなりましたね(笑)。

徳永:「じゃあ」って言ってお金払う感じが(笑)。急に現実に引き戻されますよね。

穐山:そうなんですよ。お金というものの存在が……(笑)。

      

「『月極オトコトモダチ』徳永えり×穐山茉由監督に聞く、“男女の友情”はあり得るのか?」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版