>  >  > 定番化した“モデルから女優”へのキャリア

定番化した“モデルから女優”へのキャリア 永野芽郁、新木優子、山本美月ら期待の女優たち

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今期のドラマで活躍している女優といえば、『パーフェクトワールド』(カンテレ・フジテレビ系)の山本美月、『ラジエーションハウス』(フジテレビ系)の本田翼、『白衣の戦士!』(日本テレビ系)の中条あやみなどが印象的だろう。3人には実は共通点がある。皆、モデル出身で女優に転身しているのだ。現在も本田は『MORE』(集英社)、中条は『CanCam』(小学館)にて現役で雑誌の専属モデルを務めている。

山本美月『パーフェクトワールド』(c)関西テレビ

 この“モデルから女優”というキャリアは、芸能界ではもはや定番化していると言っても過言ではない。現行する雑誌の出身者では、『JJ』(光文社)の賀来千香子などがあげられ、彼女こそ赤文字雑誌出身のモデルで女優として成功した先駆者とも言える。その後、『CanCam』からは藤原紀香(過去に『JJ』在籍経験アリ)、長谷川京子、米倉涼子などを輩出しており、今でこそ、連続ドラマや映画で主演を張る女優が多くいる。こういった先輩方の築いた礎の元、現行の雑誌モデルたちは続々巣立って女優のキャリアを切り開いている。現に、山本は『グータンヌーボ2』(カンテレ・フジテレビ系)出演時に、女優になるきっかけのためにモデルのオーディションを受けたと語った。それくらいモデルと女優のキャリアを両立しているタレントは多いのだ。

「定番化した“モデルから女優”へのキャリア 永野芽郁、新木優子、山本美月ら期待の女優たち」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版