マーク・ハミルが声を担当したチャッキーのセリフも 『チャイルド・プレイ』予告編公開

 7月19日に全国ロードショーされる映画『チャイルド・プレイ』の予告編が公開された。

  本作は、映画史に残るホラー映画『チャイルド・プレイ』(1988年)をもとに、現代の最新AI技術を搭載した殺人人形の恐怖を描くホラー映画。21世紀の最新AI技術が詰まった“バディ人形”を手に入れる少年アンディ役には、『ライト/オフ』のガブリエル・ベイトマン、アンディの母親役にはTVドラマシリーズ『レギオン』のオーブリー・プラザが名を連ね、ホラー界の新鋭ラース・クレヴバーグが監督に抜擢された。『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』のセス・グラハム・スミスとデヴィッド・カッツェンバーグのプロデューサーコンビが製作を務める。

『チャイルド・プレイ』予告編

 予告編は、引っ越し先で友達のいない少年アンディが母親から誕生日に、“バディ人形” をプレゼントされるところから幕を開ける。最先端テクノロジー会社・カスラン社により生み出されたこの人形は、音声認識センサーや高解像度画像認識機能などを備え、スマートフォンアプリと連携して操作可能な超高性能AI人形。我が家にやってきた新たな友達にチャッキーと名付けて一緒に暮らし始めたアンディだったが、彼の周りで次第に異変が起きるようになる。

 ヘアスタイルをオールバックに変えたチャッキーがお馴染みの凶器である包丁を手にする姿はもちろん、ドローンや芝刈り機などを操り神出鬼没に人々を襲う様子が収められている。映像の最後には、『スター・ウォーズ』シリーズのマーク・ハミルが演じるチャッキーの声が初披露された。

 また、6月下旬に本作の前売り券が発売されることが決定。購入特典として、チャッキーとキューピー人形がコラボしたキャラクターストラップが付属する。

■公開情報
『チャイルド・プレイ』
7月19日(金)全国公開
監督:ラース・クレヴバーグ
製作:セス・グラハム・スミス、デヴィット・カッツェンバーグ
脚本:タイラー・バートン・スミス
出演:オーブリー・プラザ、ガブリエル・ベイトマン、ブライアン・タイリー・ヘンリー
配給:東和ピクチャーズ
(c)2019 Orion Releasing LLC.  All Rights Reserved. CHILD’S PLAY is a trademark of Orion Pictures Corporation. All Rights Reserved.
公式サイト:https://childsplay.jp
公式Twitter:twitter.com/ChildsPlay_JP
公式Facebook:facebook.com/ChildsPlayMovie.JP/
公式Instagram:instagram.com/childsplay_jp/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる