市川理矩&山中崇、『電影少女 2019』にゲスト出演 市川「松井青年の登場を是非楽しみに」

市川理矩&山中崇、『電影少女 2019』にゲスト出演 市川「松井青年の登場を是非楽しみに」

 毎週木曜深夜1時からテレビ東京の木ドラ25枠で放送中の『電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-』に、山中崇と市川理矩がゲスト出演する。

 原作は、『週刊少年ジャンプ』黄金期を支えた作家・桂正和の代表作『電影少女』。昨年1月期に連続ドラマ化され、当時乃木坂46のエースだった西野七瀬が、初主演で“ビデオガール・天野アイ”を演じた。新シリーズとなる本作は、前作から一転し、“悪のビデオガール・神尾マイ”と、彼女によって道を踏み外していく少年の物語。ビデオを再生した主人の望みを叶えるべく、その命令に忠実に従うマイを乃木坂46の山下美月が演じる。

 5月23日放送の第7話では、健人(萩原利久)の部屋から姿を消したビデオガール・マイ(山下美月)が、学校の教師・松井(岡田義徳)に軟禁されていた。松井は、これまで学校で起きた不可解な事件や、過去に自分の身に起きたある事件をマイに聞かせ、マイが忘れていた記憶を思い出させようとしていた。そのころ健人は、由那(武田玲奈)が家に来た時から、マイのビデオパッケージがなくなっていることから、マイを消したのは彼女の仕業だと責め立てる。

 山中が演じるのは、武田玲奈演じる朝川由那の映画デビュー作品の監督。そして、青年時代の松井直人役には、子役としてデビューし数々の作品に出演、いま注目の若手俳優の市川理矩に決定した。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

市川理矩(松井直人役)コメント

松井青年役を演じさせて頂きました、市川理矩です。『電影少女 2019』という作品に関わらせて頂けた事にとても嬉しく思っています。25年前、松井直人の過去に何があったのか…その大切な部分を演じさせて頂きました。松井青年の登場を是非楽しみにしていてください!

■放送情報
木ドラ25『電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-』
テレビ東京系にて、毎週木曜深夜1:00~1:30放送
BSテレ東にて、毎週火曜深夜0:00~0:30放送
原作:桂正和『電影少女』<集英社文庫(コミック版)>
出演:山下美月(乃木坂46)、萩原利久、武田玲奈、黒木ひかり、新條由芽、大下ヒロト、久保田康祐、柾木玲弥、桃月なしこ、甲斐翔真、三浦誠己、森岡龍、小松和重、岡田義徳、戸次重幸
脚本:喜安浩平、山田能龍、高野水登
総監督:関和亮
監督:真壁幸紀、湯浅弘章、山岸聖太、川井隼人
チーフプロデューサー:大和健太郎(テレビ東京)
プロデューサー:五箇公貴(テレビ東京)、倉地雄大(テレビ東京)、巣立恭平(ROBOT)
制作:テレビ東京、ROBOT
製作著作:『電影少女 2019』製作委員会
(c)『電影少女 2019』製作委員会 (c)桂正和/集英社
公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/videogirl2019/
公式Twitter:@videogirl2019

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ