>  >  > 『俺スカ』阿久津仁愛が見せた爽やかさ

テニミュ俳優・阿久津仁愛が登場! 『俺スカ』古田新太が説く“ミスを許せる社会”とは

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 古田新太主演のドラマ『俺のスカート、どこ行った?』(日本テレビ系)が5月4日に第3話の放送を迎えた。

 第1話では「コミュニケーションがうまくとれないマスク男子の苦悩」、第2話では「ブラック部活であるチア部の葛藤」に迫るなど、1話完結で2年3組の生徒と担任の原田のぶお(古田新太)との関わり合いを描いてきた本作。第3話では、シングルマザーの家庭で弟と妹の世話に追われて不登校になってしまっていた生徒・光岡(阿久津仁愛)にスポットライトを当てる。

 第1話と第2話の放送でも、学校の前までは来たものの校門をまたごうとしない光岡の姿が何度か描かれていたが、そんな彼がついに原田の前に姿をあらわすことになったのは中間テストの当日のことだった。校門前で逡巡する光岡は里見(白石麻衣)に手を引かれ、勉強も一切しないままにテストを受けることに。当然のごとく解答用紙には空白が目立つなか、隣の席の答案が目に入ってしまった光岡は、カンニングに及んでしまう……。

 弟妹の面倒を見るやさしいお兄ちゃんとしての側面が印象的な光岡の役を演じるのは、『ミュージカル テニスの王子様3rdシーズン』で主役の越前リョーマ役も務めている阿久津仁愛。第27回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでの準グランプリ獲得を経て芸能界入りを掴んだ期待の若手俳優だ。また、光岡の弟と妹には、鈴木福の弟と妹である鈴木楽と鈴木誉が配役。兄譲りの愛らしさを持つ彼らと阿久津によって、さわやかな兄弟が作り上げられていった。

 そんな光岡は、3人の子供達の世話と仕事に追われ、自分の時間を作ることができていない母親のことを誰よりも気づかい、「全国の同じような境遇にいる母親たちが幸せになれるようなサービス」を作りたいという夢を明らかにする。しかし、様々なことを気にしてしまう性格からか、一歩、足を前に踏み出すことがなかなかできない。

 光岡のカンニングが発覚したあと、原田が校長に提案したのは、クラス全体で全教科の再試験をすることだった。学校の従来の決まりでは、カンニングは全教科0点になってしまう重罪。しかし、一度ミスを犯しただけでその後の挽回の機会を与えないことに原田は疑問を呈し、英断を下すことになるのだ。そうして再チャンスが得られたにもかかわらず、光岡はあまり乗り気ではない様子。2年3組の生徒たちからも不満が続出したことで、さらにそのことを気にしてしまう。

      

「テニミュ俳優・阿久津仁愛が登場! 『俺スカ』古田新太が説く“ミスを許せる社会”とは」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版