中条あやみは“愛すべきキャラ”になれるか? 『白衣の戦士!』で堪能する“ナースドラマ”の醍醐味

中条あやみは“愛すべきキャラ”になれるか? 『白衣の戦士!』で堪能する“ナースドラマ”の醍醐味

 中条あやみと水川あさみがW主演を務めるドラマ『白衣の戦士!』(日本テレビ系)が、想像を超えるコメディ作品として話題を呼んでいる。これを機に、観月ありさ主演『ナースのお仕事』(フジテレビ系)について振り返る視聴者も多い中、あらためてナースドラマの魅力について考えてみたい。

 『白衣の戦士!』の主人公は、天真爛漫で型破りな“元ヤン”新米ナース・立花はるか(中条)。「今年中に結婚退職!」を目標に婚活中の“がけっぷち”先輩ナース・三原夏美(水川)から厳しい指導を受けつつ、仕事に恋に奮闘する物語だ。

 昨今の病院を舞台にしたドラマと言えば、『コード・ブルー』(フジテレビ系)、『コウノドリ』(TBS系)、『グッド・ドクター』(フジテレビ系)など、医療関係者からも高い評価を受けるほどリアリティを追求した作品も多いが、『白衣の戦士!』はそれらとは土俵が異なるドラマ。専門用語が飛び交う緊迫したシーンはなく、主人公・はるかが “ありえない”ミスをおかしながらも、ナースとして成長していく様を描くコメディドラマである。

 まるで吉本新喜劇のように、ナースたちが揃ってズッコけてみたり、アニメーションを用いて登場人物の喜怒哀楽を演出してみたりと自由自在。そのコミカルさは『ナースのお仕事』を超えるレベルで、あらゆる意味でその衝撃はなかなかのもの。“古い笑い”とも捉えられるが、命の現場を舞台にしている以上、中途半端なコメディではなく、ここまで振り切った作品にしなければ成立しないという“今の時代”ならではの作風といえるのかもしれない。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ