駅に置かれた1台のピアノから始まるヒューマンドラマ 『パリに見出されたピアニスト』9月公開

 フランス映画『In Your Hands(英題)』が、『パリに見出されたピアニスト』の邦題で9月に全国公開されることが決定した。

 本作は、生い立ちに恵まれず夢を持たずに生きてきた青年と、彼の才能を見出しピアニストに育てようとする2人の大人たちの物語を描いた音楽への情熱と愛に満ちたヒューマンドラマ。駅に置かれた1台のピアノ。マチューの楽しみは、自身を追う警察官の目を盗んでそのピアノを弾くことだった。ある日、ひとりの男がマチューの旋律に耳を傾ける。その出会いが、彼の人生を大きく変えていく。

 ピアニストとして天賦の才能を持つ主人公マチューを演じるのは、イザベル・ユペールと共演した『アスファルト』で注目されたジュール・ベンシェトリ。祖父はフランスを代表する俳優ジャン=ルイ・トランティニャン、父は映画監督で俳優としても活躍するサミュエル・ベンシェトリ、母は故マリー・トランティニャンという、フランス映画界きっての新鋭の初主演作となる。

 マチューを見守り導いていく大人たちを演じるのは、『マトリックス』シリーズのランベール・ウィルソンと『サラの鍵』のクリスティン・スコット・トーマスの2人。リュック・ベッソンやギョーム・カネの元で助監督を務めてきたルドヴィク・バーナードがメガホンを取った。

 ティザーポスタービジュアルは、グランドピアノにフード付きパーカーというラフな格好で対峙するマチュー役のベンシェトリのシルエットが浮かび上がったもの。「この指で、未来を拓く」というマチューの決意かのようなコピーも添えられている。

■公開情報
『パリに見出されたピアニスト』
9月、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMA ほか全国順次ロードショー
出演:ランベール・ウィルソン、クリスティン・スコット・トーマス、ジュール・ベンシェトリ
監督:ルドヴィク・バーナード
配給:東京テアトル
提供:カルチュア・パブリッシャーズ、東京テアトル
原題:au bout des doigts/2018年/仏・白/105分/シネマスコープ/カラー/デジタル/字幕翻訳:横井和子
(c)Recifilms – TF1 Droits Audiovisuels – Everest Films – France 2 Cinema – Nexus Factory – Umedia 2018

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる