>  >  > 濱田岳、ツッコミキャラとして持ち味発揮

『インハンド』濱田岳、ツッコミキャラとして持ち味発揮 山下智久と抜群の掛け合い

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 山下智久が主演を務めるドラマ『インハンド』(TBS系)が、4月19日に第2話を迎えた。

 第1話は、右腕がロボットハンドの変人天才科学者・紐倉哲(山下智久)の元に、医師から彼の助手へと転身する高家春馬(濱田岳)、内閣官房サイエンス・メディカル対策室の立場として紐倉に調査依頼をしにくる牧野巴(菜々緒)が出会うこととなる、言わばプロローグ的な意味合いが強かった。第2話は高家が紐倉の助手として働く1つ目の事件。よりクローズアップされる2人の関係性が、今回の見どころだ。

 高家は紐倉に翻弄されっぱなしのお人好しキャラ。第2話冒頭では、紐倉の荷物持ちとして登場し、四つん這いになり紐倉から馬乗りにされる始末。「俺は一体何をしている? なぜ助手をするはめになった?」という心の声は、『インハンド』における典型的なツッコミキャラであることを示している。自分の分として準備していたカップ麺も牧野に食べられるという、とことん振り回される役だ。

 高家を演じる濱田岳は『インハンド』の舞台挨拶にて紐倉との関係性について「昭和の良き夫婦みたいな感じ」と高家を奥さんに例え、「朝ドラ的要素がある」とも話していた。濱田と朝ドラと言えば、2017年より放送していた『わろてんか』(NHK総合)。彼が演じていた武井風太はコミカルな役で、ヒロイン・てん(葵わかな)から弟扱いされる存在だった。朝ドラの中で異例のパロディもされたKDDI「au三太郎シリーズ」の金ちゃんとしてもイメージが強く、『インハンド』の高家も濱田のパブリックイメージそのまま、ハマり役に思える。

      

「『インハンド』濱田岳、ツッコミキャラとして持ち味発揮 山下智久と抜群の掛け合い」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版