シャザムが3つの画面を自在に飛び回る 『シャザム!』ScreenX上映決定

シャザムが3つの画面を自在に飛び回る 『シャザム!』ScreenX上映決定

 4月19日に公開される『シャザム!』のScreenX上映が決定した。

 本作は、見た目はオトナだが中身はコドモの“ピュア”ヒーローの活躍を描いたコメディ・アクション。イマドキの悪ガキ、ビリー・バットソンはある日、魔術師からスーパーパワーを託された。そんなビリーの前に、科学者Dr.シヴァナが現れ、せっかく手に入れた魔法の力を狙われることになる。『ライト/オフ』や『アナベル 死霊人形の誕生』のデビッド・F・サンドバーグがメガホンを取った。

 2012年、CJ CGVが世界初で開発した新次元の3面マルチ上映システム“ScreenX”は、アメリカ、フランス、スイス、イギリス、中国など、全世界18カ国200スクリーンで運営中。日本では昨夏、ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場にオープンし、昨年11月には、石川県のシネマサンシャインかほく、山口県のシネマサンシャイン下関、福岡県のユナイテッド・シネマ 福岡ももちがオープンした。さらに7月には、4DXとScreenXが融合した「体感型シアター4DX with ScreenX」も登場する予定となっている。

 DCコミックスの新ヒーロー、シャザムは、正面スクリーンだけではその動きを捉えきれないダイナミックなキャラクター。フィラデルフィア上空を飛び回り、Dr.シヴァナと対決を繰り広げるシーンでは、ScreenXでしか味わえないスリルが体験できるという。フレームの枠をはみ出したシャザムは、左右のスクリーンを自由に駆け回り、3つの画面で大暴れする。

 映画の序盤、ビリーは、ヒーローオタクの親友フレディと一緒に、自分の持つ様々なスーパーパワーを試してみることに。ScreenXでは、このシーンを画面3分割法で演出。正面のスクリーンとは異なる角度から撮影された場面が左右のスクリーンに現れ、まるで漫画のページをめくるような体験が楽しめる。

 そしてシャザムの最後の激戦地は、他でもない屋外遊園地。サーカステントやメリーゴーラウンドがライトアップされ華やかに飾られた屋外遊園地が、ScreenXのパノラマスクリーンで観客を包み込み、よりカラフルで華麗な戦闘シーンに。また、シャザムが雷を発射するたびに左右のスクリーンに落雷場面が映し出される。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

■公開情報
『シャザム!』
4月19日(金)全国公開
監督:デヴィッド・F・サンドバーグ
出演:ザッカリー・リーヴァイ、アッシャー・エンジェル、ジャック・ディラン・グレイザー、マーク・ストロング
配給:ワーナー・ブラザース映画
(c)2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
公式サイト:http://shazam-movie.jp/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ