『なつぞら』藤木直人の好演が冴える 広瀬すずの“味方”となる穏やかな父親像

『なつぞら』藤木直人の好演が冴える

 朝ドラ『なつぞら』(NHK)で、ヒロイン・奥原なつ(広瀬すず)の育ての父・柴田剛男を演じる藤木直人。彼は穏やかな包容力でなつを見守り、新シーズンを迎えた日本の朝に、あたたかな風を送り込んでいる。

 藤木が演じる剛男は、戦友であったなつの父と交わした「どちらかが亡くなったときには、互いの家族の面倒を見る」という約束を果たし、なつを自然豊かな十勝に連れてきた存在だ。やがてアニメーションの世界へ飛び込んでいくこととなる、なつの豊かな感性が育まれる、そもそものきっかけを作った人物なのである。

 そんな剛男は、柴田家では婿養子という立場だ。なつを家族に迎えたことから、彼が義理人情に厚く心優しい男だというのは明らかだが、たくましい妻・富士子(松嶋菜々子)や、ガンコな性格の義父・泰樹(草刈正雄)の前では、よくたじたじの姿を見せている。どのようにして富士子と、ひいては柴田家と彼が結びついていったのか、じつに気になるところである。

 とはいえ、剛男の父親像には注目だ。義父である泰樹もまた、なつにとっては父親のような存在だが、彼の厳格な性格と、剛男の穏やかでどこかチャーミングな性格は好対照をなしている。普段から、映画以上にターゲットが幅広いテレビドラマへの参加が多いからか、藤木の演技は“分かりやすい”。言い換えると、演じる人物の心情が掴みやすいということである。彼が表立てて発する穏やかさは、視聴者にとって分かりやすく“なつの味方”である印象を与え、それは作品全体のあたたかさに繋がっている。

 そんな剛男を演じる藤木は、かつて、朝ドラ『あすか』(1999-2000)で竹内結子演じるヒロインの相手役を務めている。今作で彼の妻役を務める松嶋も、かつては『ひまわり』(1996)で朝ドラヒロインを経験しており、この組み合わせの夫婦はまさに“朝ドラ100作目”に相応しいキャスティングだと言えそうだ。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる