山田孝之の5年間を追ったドキュメンタリー映画が4月公開 「業界関係者は見ないでください」

 俳優・山田孝之を5年強に渡り追いかけた初の長編ドキュメンタリー作品『No Pain, No Gain』が4月27日より東京・新宿シネマカリテにて公開されることが決定し、あわせてメインビジュアルが公開された。

 本作は、山田が30歳を迎えた2013年から直近の2019年まで約5年間=2045日の長期に渡って、所属事務所スターダストのグループ会社SDPが主導となり完全密着したもの。これまで山田の主演作『闇金ウシジマくん』シリーズを手がけるなど、深い信頼関係があったが故に実現した、オフィシャルドキュメンタリー作品である。制作には、多くのドキュメンタリー作品を手がけるテレビマンユニオンが参加した。

 本作では30歳、人生の節目を迎えた1人の男が信念の元に絶えず、挑戦を続け、懸命に生き、苦悩を繰り返しながら「人生を楽しもう」と必死にもがく、実直な山田の姿が収められている。

 山田は本作に対して、「業界関係者は見ないでください。特に若手俳優は鑑賞してはいけません。担当マネージャーは厳しく言い聞かせてください」とコメントしている。公開劇場は、新宿シネマカリテ1館のみ。なお、タイトルの意は、山田が期間中に何度も呟いた「楽しむために、楽をしない」を元に意訳すると同様の意味を持つ英語の慣用句「No Pain, No Gain」(痛みがなければ、得るものなし)を採用した。

■公開情報
TAKAYUKI YAMADA DOCUMENTARY『No Pain, No Gain』
4月27日(土)新宿シネマカリテのみ単館上映
出演 :山田孝之
監督・撮影・編集:牧有太
制作:テレビマンユニオン
企画・製作・配給:S・D・P
(c)2019・SDP/NPNG 
公式Twitter:@yamadaD_NPNG

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる