P・クルス×J・バルデムが夫婦共演 A・ファルハディ最新作『誰もがそれを知っている』6月公開

P・クルス×J・バルデムが夫婦共演 A・ファルハディ最新作『誰もがそれを知っている』6月公開

 『別離』『セールスマン』のアスガー・ファルハディ監督最新作『Everybody Knows(英題)』が、『誰もがそれを知っている』の邦題で、6月1日よりBunkamura
ル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国順次公開されることが決定した。

 アカデミー賞授賞式へのボイコットでも話題となった前作『セールスマン』から2年ぶり、オールスペインロケで挑んだ本作は、15年前のスペイン旅行で目にした壁に貼られた行方不明の子供の写真に着想を得て、ファルハディ監督がずっと温めてきた物語。スペインの故郷で久々に再会した家族と幼なじみだが、結婚式で起きた娘の失踪をきっかけに、隠していたはずの真実をめぐり家族の秘密と嘘がほころび始める。

 出演は、監督の長年のラブコールに応えスペインを代表する女優ペネロペ・クルス、さらに、クルスの夫であるハビエル・バルデムも加わり、豪華キャスティングが実現。母国スペインを舞台とする本作の企画がスタートした4年前から2人は監督への協力を惜しまず、すでにキャラクターは唯一彼らに当て書きで執筆されていたという。

 脇を固めるのは、第82回アカデミー賞外国語映画賞受賞作『瞳の奥の秘密』で知られるアルゼンチンの国民的名優リカルド・ダリン、『マジカル・ガール』でゴヤ賞主演女優賞を受賞したバルバラ・レニーら。また、撮影は『ボルベール<帰郷>』などペドロ・アルモドバル作品で知られるベテラン、ホセ・ルイス・アルカイネが務めるなど、初のスペイン作品に強力なバックアップが実現。昨年の第71回カンヌ国際映画祭ではオープニングを飾り、同日に公開されたフランスでも大ヒットを記録した。

■公開情報
『誰もがそれを知っている』
6月1日(土)Bunkamura ル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開
監督・脚本:アスガー・ファルハディ
出演:ハビエル・バルデム、ペネロペ・クルス、リカルド・ダリン
配給:ロングライド
2018年/スペイン・フランス・イタリア/スペイン語/133分/アメリカンビスタ/カラー/5.1ch/英題:Everybody Knows/日本語字幕:原田りえ
(c)2018 MEMENTO FILMS PRODUCTION – MORENA FILMS SL – LUCKY RED – FRANCE 3 CINEMA – UNTITLED FILMS A.I.E.
公式サイト:http://longride.jp/everybodyknows/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる