『プリレジェ』片寄涼太、佐野玲於ら“王子”が平野レミから料理の洗礼を受ける 「こりゃダメだね」

プリレジェ王子、「玉子料理選手権」で悪戦苦闘

 最後は各チーム、ケチャップでメッセージを書いていく。チーム赤は「“ぴーちゃん”と書きました」と平野に媚びを売りまくり、チーム黄色は「これしかない」と“萌え”の文字。そして青はストレートに「レミへ」と記すも、王子たちから「なんか、お好み焼きみたい」との声が上がる。

 まずはチーム赤から審査。「半熟っぽくしたかった」という片寄と「コチュジャンを入れてピリ辛に」とアピールした鈴木。だが、オムライスを食べた平野は「薄味だね」とポツリ。「おじいさんとかおばあさんの味みたい。カラダには良いわよ」と話すも、玉子に味付けを一切していないことを知ると「こりゃダメだね。500円の玉子がかわいそう」とバッサリ切り捨てた。

 続くチーム黄色は、「ゴロっとした大きめのベーコン」が特徴だといい、「玉子をクリーミーにしたかったができなかった」と悔しそうな佐野。味見をした平野は、「平凡」と一言。またケチャップライスに「白いところがある。普通のご飯食べてるみたい」と指摘。「見て、ここ! 真っ白」と詰め寄ると、関口は笑いながら「おかしいなぁ」と首をかしげた。

 そして平野は、チーム青が手掛けたオムライスを見るなり、「私が失敗したところにパセリを飾っていて、とってもキレイじゃないの!」と絶賛。町田が「玉子には牛乳とコンソメ。あとはバターを入れました」と明かすなど本格的で、平野は「一番ちゃんとしてる」と称えていた。

 続く試食タイムでは、自分たちのオムライスを食べて「めっちゃおいしいじゃないですか」と自画自賛のチーム赤に対して、「たしかに平凡だね」と平野の評価を受け入れるチーム黄色。またチーム青のオムライスを食べた一同は、「うまいわ」「オムライスだね」と納得の表情を浮かべた。

 優勝は、もちろんチーム青。コメントを求められた町田は「(お好み焼きと言ったことを)いったん謝ってもらって良いですか?」と笑いながら恨み節。「料理をやらないので、みんなで一緒にやるのって楽しいなって思いました」と話し、清原は「切る担当、炒める担当と分担できたのがよかったです」と笑顔でコメントした。

 最後は “料理王子”の称号を手にした町田と清原が、メダルを噛むパフォーマンス。王子たちの笑顔に包まれながら、「伝説の玉子料理選手権」は幕を下ろした。

(取材・文=nakamura omame)

■公開情報
『PRINCE OF LEGEND』
2019年3月21日(木・祝)全国ロードショー
キャスト:
【チーム奏】片寄涼太、飯島寛騎、塩野瑛久
【チーム京極兄弟】鈴木伸之、川村壱馬
【チーム生徒会】佐野玲於、関口メンディー
【チームネクスト】吉野北人、藤原樹、長谷川慎
【チーム先生】町田啓太
【チーム3B】清原翔、遠藤史也、こだまたいち
【チーム理事長】加藤諒、大和孔太、白石聖
監督:守屋健太郎
脚本:松田裕子
音楽:中野雄太
主題歌:Piece of me/m-flo
(c)「PRINCE OF LEGEND」製作委員会 (c)HI-AX All Rights Reserved.
公式サイト:prince-of-legend.jp



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「レポート」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる