>  >  > 『QUEEN』最終回に「氷見与田コンビ最高」の声

竹内結子が『QUEEN』最終回で守り抜いた“正義” チーム復活に「氷見与田コンビ最高」の声も

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 氷見(竹内結子)の大逆転でグランドフィナーレを迎えた『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』(フジテレビ系)最終回。前半は、氷見と与田(水川あさみ)の対立が描かれ、このまま氷見が追い詰められていくのではと視聴者をドキドキさせた。しかし後半では危機管理チームが一気に攻め込む。全ては氷見の手の内であったことが明かされ、見事なチームワークで大逆転を納めた。敵対していたと思われていた与田や吾妻(山本耕史)までもが氷見の仲間で、最後は氷見と与田の感動のシーンで特別調査会は幕を閉じた。

 全編にわたって注目されてきた氷見の過去が、実はスキャンダルではなく計算であったことが明かされた。今まで氷見のスキャンダルを追っていた東堂(泉里香)や茂呂(佐野岳)までもが氷見の“コマ”を演じ力を貸していた。本作のキャラクター全員が氷見を敵視しているように見えた第9話から一転、全員が味方になって活躍している様子には思わず感動で鳥肌がたった。

 今回の事件では与田のように、利用されたのではないか、裏切られたのではないかと思う人だっていただろう。それでも、全員が氷見のために力を尽くした。藤枝(中川大志)も、真野(斉藤由貴)も、いつもの得意分野で力を発揮し、確固たる証拠を掴んでくる。全員が氷見のためにリスクを負ったが、それすらも厭わず、正義に向かって走り続けたのであった。

      

「竹内結子が『QUEEN』最終回で守り抜いた“正義” チーム復活に「氷見与田コンビ最高」の声も」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版