麻薬組織のボス、アンディ・ガルシアがイーストウッドの監視を命令 『運び屋』本編映像

麻薬組織のボス、アンディ・ガルシアがイーストウッドの監視を命令 『運び屋』本編映像

 3月8日に公開される映画『運び屋』の本編映像が公開された。

 本作は、クリント・イーストウッドが自身の監督作としては『グラン・トリノ』以来、10年ぶりに主演を務めた実話を元にしたサスペンス。巨大な麻薬組織で、最大300キロ、13億におよぶ巨額のドラッグを運んだ“伝説の運び屋”で、孤独な老人アール・ストーンの姿を描く。

『運び屋』本編映像

 公開された映像は、アンディ・ガルシアが演じる麻薬組織のボスのラトンが、自身の右腕であるフリオにドラッグの監視を命じる本編シーン。メキシコにある巨大麻薬組織の本拠地である豪邸では、ラトンがスキート射撃を楽しんでいる。見事的中し「よし!」と満足げなボスに「上達しましたね」とフリオが近づいてくる。「何事です?」と本題を切り出すフリオ。現場で働く彼は、特別な命令がない限りこの豪邸を訪れることはない。「あの爺さんに、デカいブツを運ばせる」とボスが耳打ちする。誰のことかと尋ねるフリオに「タタさ」と微笑む。タタとはおじいちゃんを意味するアールの愛称。「110キロだ。270万ドル相当。一緒に走り、監視しろ。有望な運び屋だ」とフリオにハンドラーとして監視を命じる。これには従順な部下であるフリオも「子守しろと?」と、さすがに乗り気ではない。しかし「どうした? 右腕だろ? グスタボに行かせるか?」とラトンが別の部下に視線を送ると、右腕の座を狙うフリオは「了解です」と渋々承諾する。貫禄たっぷりのラトンは「だったら…そんな顔をするな」となだめる。

■公開情報
『運び屋』 
3月8日(金)全国ロードショー
監督・出演:クリント・イーストウッド
脚本:ニック・シェンク
出演:ブラッドリー・クーパー、ローレンス・フィッシュバーン、マイケル・ペーニャ、ダイアン・ウィースト、アンディ・ガルシア、アリソン・イーストウッド、タイッサ・ファーミガほか
配給:ワーナー・ブラザース映画
(c)2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
公式サイト:www.hakobiyamovie.jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる